【えっ、これだけ!?】逆棒銀の受け方【角交換振り飛車対策】

逆棒銀の受け方教えます

逆棒銀、受け方の基本方針

こんにちは、Yutaです。

この記事では、棋書「角交換四間飛車破り 必勝ガイド」を参考に逆棒銀の受け方を解説します。

逆棒銀に悩まされているあなたに読んでもらえるとうれしいです。

そもそも逆棒銀とは?

逆棒銀とは、角交換になった居飛車vs.振り飛車における振り飛車側の攻め筋です。

居飛車の▲2五歩の位を飛車と銀で逆襲して2筋を制圧する作戦です。

逆棒銀がうまくいったイメージ図を示します。(参考図1)

(参考図1)逆棒銀成功のイメージ

非常にシンプルながら受け方を知らないとあっさり振り飛車有利となる作戦です。

防ぐこと自体は簡単

実はこの逆棒銀、防ぐこと自体は簡単です。

振り飛車の銀が△2四~2五と前進してくるのを防げればよいので、居飛車の▲3六歩~▲3七桂が間に合えばOKです。(参考図2)

(参考図2)桂馬の利きで逆棒銀を防ぐ。

なーんだ、簡単だね!お疲れ様でした。

ちょっと待った!

オススメは▲4七銀型

振り飛車が必ずしも逆棒銀をするとは限りません。

▲3七桂型は桂頭が弱い、角交換の将棋では飛車のコビンを狙われやすい、という弱点があります。

そこで、角交換振り飛車に対してオススメなのが▲4七銀型です。(参考図3)

(参考図3)対角交換振り飛車にオススメの▲4七銀型

参考図3から△2四歩、▲同歩、△同銀となっても▲3六銀で逆棒銀は無効です。(参考図4)

(参考図4)▲3六銀で逆棒銀の2五への進出を防げる。

参考図4で△3五歩も▲同銀と取って問題なしです。

△3五同銀は▲2二飛成で飛車が抜けるからなぁ。

また、▲4七銀型は、後に▲3七桂としたときに桂頭をカバーしている、▲2九飛としたときに角打ちのスキがない、などのメリットがあります。(参考図5)

(参考図5)居飛車はここから地下鉄飛車を狙う構想などがある。

▲4七銀型で逆棒銀を防ぐことはできますが、その前に逆棒銀を仕掛けられる場合もあります。

この記事では、↓の振り飛車が逆棒銀を仕掛けてきた基本図からの指し手を解説します。

(基本図)後手が△2四歩、▲同歩、△同銀で逆棒銀を仕掛けてきた局面

逆棒銀の受け方

まずは桂馬を跳ねさせる

基本図からの指し手
▲6六角、△3三角、▲同角成、△同桂(図1)

(図1)先手は飛車を狙う▲6六角、角の打ち合いから桂馬を跳ねさせる。

▲6六角に対して、角を温存する△3三桂はダメか?

△3三角のところを△3三桂で受けると▲2五歩で後手困ります。

うっ…、じゃあ△4四角もあるんじゃないか!?

△4四角は▲同角成、△同歩、▲4三角です。(参考図6)

(参考図6)△4四角では角交換後に▲4三角のスキを生じる。

狙いの垂れ歩

改めて、図1からの指し手を見てみましょう。

図1から
▲3六歩、△2五銀、▲2四歩(図2)

(図2)後手は▲3七桂を指される前に△2五銀とする。▲2四歩が先手狙いの垂れ歩。

なんだこの歩は?

▲2四歩が先手狙いの一手です。放置すれば▲2三角や▲3七桂があります。

想定される後手の対応

▲2四歩に対し後手の対応は以下が考えられます。順に見ていきましょう。

  1. 素直に取る:△2四同飛(図3)
  2. いったん2筋を押さえる:△2六歩(図5)
  3. 先手の狙いを読んで先着する:△1五角(図10)
  4. ▲2三角を防ぎ桂馬に紐を付ける:△3二金(図12)

▲2四歩の対応①、△2四同飛

図2からの指し手①
△2四同飛(図3)

(図3)垂れ歩を素直に取る△2四同飛。

これはもう次の一手で先手有利です。

図3から
▲1五角(図4)

(図4)△2四同飛には▲1五角が狙いの一手。

後手は桂馬に紐を付けるため△2三飛しかありません。

図4から
△2三飛、▲3三角成、△同飛、▲2五飛(結果図1)

(結果図1)先手は角と銀桂の交換で駒得、さらに飛車成の先手で有利。

▲2四歩は毒まんじゅうであったか…!

▲2四歩の対応②、△2六歩

続いて、いったん2筋を押さえる△2六歩です。

図2からの指し手②
△2六歩(図5)

(図5)後手は△2六歩で2筋の戦力を増やす。

さっきは▲1五角から銀を抜かれたから、その対策にもなっているな。

図5から
▲3七桂、△2四飛、▲1五角(図6)

(図6)先手は▲3七桂、△2四飛にはやはり▲1五角。

ちなみに、▲3七桂に△3六銀は▲2六飛です。

△2四飛に、またしても▲1五角か!

図6から
△2三飛、▲2五桂(図7)

(図7)先手は飛車を引かせてから銀を取る。

ここから後手が①△同桂と②△同飛としてきた場合に分けて見てみましょう。

図7からの指し手①
△2五同桂、▲2六角、△5二金左(図8)

(図8)△2五同桂には▲2六角で歩を取る。後手は▲5三角成を受ける。

図8から
▲2四歩、△同飛、▲1五角(結果図2)

(結果図2)後手の飛車を攻める展開になり先手有利。

▲1五角恐るべし…。

図7からの指し手②
△2五同飛、▲3三角成、△2七歩成(図9)

(図9)先手は駒得、後手はと金を作る。

図9から
▲3四馬、△2二飛、▲2九飛、△2八と、▲2三銀(結果図3)

(結果図3)飛車交換になる。戦力差が大きく先手有利。

△2九と、で飛車を取らせれば後手はと金の活用に時間が掛かります。

先手の銀は▲2二銀不成~▲3三銀成で使えば遊び駒にならなそうだな。

▲2四歩の対応③、△1五角

これまで、▲1五角が先手の狙いでした。今度は後手が△1五角と打って先着してきた場合を見てみましょう。

図2からの指し手③
△1五角(図10)

(図10)後手から△1五角を打つ。

このまま2四の歩を取られるわけにはいきません。先手も角を使います。

図10から
▲6六角、△3二金(図11)

(図11)先手は▲6六角で桂馬を狙う。

後手は角を手放しているので▲3二金と受けるしかありません。

図11から
▲3三角成、△同金、▲2五飛(結果図4)

(結果図4)角と銀桂の2枚替えで先手有利。

先手は角をバッサリ切って駒得です。

王手飛車のチャンス

仮に結果図4から△2四金としたら王手飛車のチャンスです。

参考、結果図4からの指し手
△2四金、▲7四桂、△同歩、▲1五飛、△同金、▲5五角(参考図7)

(参考図7)桂馬を捨ててからの王手飛車。

▲2四歩の対応④、△3二金

最後は△3二金です。この手は、桂馬に紐を付けて次に△2四飛で歩を取る狙いです。

図2からの指し手④
△3二金(図12)

(図12)後手は△3二金で次に△2四飛を狙う。

桂馬が浮いていないなら▲1五角も怖くないな。

△3二金に対し、先手は別の場所で角を使います。

図12から
▲4一角(図13)

(図13)先手は▲4一角。次は▲3二角成~▲2三歩成が狙い。

図13から
△1四角、▲3七桂、△3六銀、▲2六飛(図14)

(図14)後手は△1四角で受ける。先手は桂馬を参加させる。

▲2六飛は△2七歩の抑え込みを防ぎつつ銀を質駒にしています。

図14から
△3五歩、▲3二角成、△同角、▲2三金(結果図5)

(結果図5)先手は逆棒銀を抑え込むことに成功。

結果図5はまだ互角ですが、仕掛けた後手としては不満でしょう。

逆棒銀の受け方まとめ

  • 角交換振り飛車に対して、先手は▲4七銀型がよい(参考図3)
  • ▲1五角を狙いにするために後手の桂馬を跳ねさせる(図1)
  • △2五銀には▲2四歩の垂れ歩(図2)
  • ▲2四歩を△同飛には▲1五角から2枚替え(図4)
  • ▲2四歩に△2六歩は▲3七桂~▲1五角(図6)
  • 後手が角を手放したら桂取りに角を打つ(図11)
  • ▲2四歩に△3二金は▲4一角(図13)

▲2四歩、▲1五角は絶対に覚えよう!

ここまで読んでいただいてありがとうございます。お疲れ様でした。

逆棒銀に負けると悔しいですよね~。

居飛車にとって2筋を破られるほどの屈辱はありません…。

しかし、私は角交換四間飛車破りを読んでからマジで逆棒銀に負けなくなりました。

この本にはホントに感謝してます。

逆棒銀対策の他にも角交換振り飛車との戦いのポイントがギッシリまとめられていますので、ぜひ読んでみてください。

Pocket