【エルモ囲いはオワコンなのか?】さわやか流疾風三間飛車のエルモ囲い対策が優秀すぎるのでまとめてみた

三間飛車 vs. エルモ囲い

こんにちは、Yutaです。

この記事は、棋書「さわやか流疾風三間飛」のエルモ囲い対策について解説しています。

この記事はこんなあなたにオススメ

  • エルモ囲いに苦しんでいる三間飛車党のあなた
  • 対三間飛車でエルモ囲いを採用している居飛車党のあなた

エルモ囲いとは、↓の参考図のような居飛車vs.振り飛車における居飛車の囲いです。

(参考図1)後手が△3一金と指した局面。▲3一金、4二銀の形がエルモ囲い。金銀の連結がよいのがメリット。

居飛車が急戦を仕掛けるときは、舟囲いに代わりエルモ囲いを選ぶのが2019年では主流になっています。

居飛車の急戦策はざっくり2つです。

居飛車の攻め筋

①△6四歩~△6五歩で角交換をせまる(参考図2)

(参考図2)△6五歩で角道をこじあける。角交換できれば8筋を突破できる。

四間飛車相手にも使える攻め筋ですが、飛車が3筋にいる三間飛車に対してはさらに有効です。

△6四銀からの斜め棒銀(参考図3)

(参考図3)角頭に狙いを定め、7~8筋を攻める。

相手の飛車のいる筋を攻めるのは、振り飛車にうまく捌かれるんじゃないか?

その通りですが、エルモ囲いの堅さがあれば成立する場合も多いです。

前置きが長くなりましたが、この記事では↑で紹介した2つの攻め筋を三間飛車がどう受けるかを解説します。

覚えやすい受けの形

最初に、これだけは押さえておきたい受けの形を載せておきます。

△6四歩には▲5六銀

角交換を狙う△6四歩には▲5六銀とする。△6五歩に▲同銀を用意し、▲4五銀の揺さぶりもみせている。

斜め棒銀の△6四銀には▲5六歩

斜め棒銀には▲5六歩と突く。形を崩さずに攻めを待つ姿勢。

6四の地点にくる後手の駒が「歩」か「銀」かによって▲5六銀か▲5六歩を使い分けます。

角交換を狙う△6四歩に対する指し方

(基本図)三間飛車の先手が▲6三銀とした局面。

まずは△6四歩に対する指し方です。↑の基本図から解説します。

基本図からの指し手
△5三銀、▲4六歩(図1)

(図1)後手は△5三銀として次に△6四歩か△6四銀を狙う。先手は後手の作戦がわかるまで5六の地点を開けておく。

図1からの指し手①
△6四歩、▲5六銀(図2)

(図2)△6四歩には▲5六銀とする。

図2から
△7三桂、▲6八飛(図3)

(図3)後手は△7三桂で6五の地点に力をためる。先手は飛車を6筋に振り直す。

戦いが起こりそうな筋に飛車を動かしましょう。

後手から攻める、図3から△6五歩

図3から狙いの△6五歩をみていきましょう。

図3からの指し手①
△6五歩、▲同歩、△3三角成、▲同桂(図4)

(図4)先手は△6五歩を素直に同歩と取る。後手は角交換から8筋を突破できそうだが…。

図4から
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲6四歩(結果図1)

(結果図1)後手は8筋を突破できたが6筋が薄い。▲6四歩の局面は先手有利。

飛車を振り直したことで、後手の攻めを逆用しているんだな。

後手が待機する、図3から△5一金

続いて、△5一金といったん堅くする順をみてみましょう。

図3からの指し手②
△5一金、▲4五銀、△3五歩(図5)

(図5)後手が仕掛けてこない場合は先手から動く。▲4五銀で歩を狙う。

タダで歩をとらせるわけにもいかないので△3五歩と逃げますが、3四の地点がキズになっています。

3四に桂香を打たれたら大ピンチだな。

攻めの継続手、▲9五歩

図5から
▲9五歩、△同歩、▲同香、△9四歩(図6)

(図6)先手の攻めの継続手が▲9五歩。▲9五同香を△同香としてしまうと▲同角で先手よしのため△9四歩とするのが受けの手筋だが…。

△9四歩としても、▲同香、△同香、▲9五歩で結局は香交換になっちゃうんじゃないの?

後手がこの端攻めを受ける手順を書いておきますね。

端攻めの受け方

図6からの指し手①
▲同香、△同香、▲9五歩、△8六歩(図7)

(図7)先手は後手の香車をつり上げて香交換を狙うが▲9五歩の瞬間に△8六歩が角道をとめる手筋。

図7から
▲同角、△8三香(参考図3)

(参考図3)先手は香車を取りきるために▲同角とするが、△8三香でしびれている。

参考図3が後手の予定で、この端攻め自体は無理攻めですが、先手の狙いは別にあります。

先手の狙い、1歩もって▲6五歩

図6からの指し手②
▲6五歩(図8)

(図8)1歩を入手して6五歩が先手の狙い。

▲6五歩に対して後手の応対は
①△7七角成
②△同歩
③△同桂
が考えられます。順にみていきましょう。

図8からの指し手①
△7七角成、▲同桂、 △8六歩、▲同歩、△同飛、▲6四歩(結果図2)

(結果図2)結果図1と似たような進行。後手は6筋が薄く先手有利。

図8からの指し手②
△同歩、▲2二角成、△同金(図9)

(図9)△同歩は先手から角交換する。△同金のところ、△同玉もある。

図9から
▲7五歩、△8四飛、▲6三角(結果図3)

(結果図3)桂頭を狙って先手有利。

図8からの指し手③
△同桂、▲2二角成、△同金、▲6四歩(結果図4)

(結果図4)△同桂には角交換から▲6四歩と打って先手有利。端で入手した1歩がいきる変化。

△6四歩は▲5六銀型で先手よしの変化が多いことがわかりました。

繰り返しですが、角交換を狙う△6四歩には▲5六銀型がよい構えでした。

その理由をまとめます。

  • ▲5六銀で6筋を軽くしておくことで▲6八飛と振り直したときの反発力が強くなっている。
  • ▲4五銀で△3五歩と突かせることで3四の地点がキズになる。

△6四銀からの斜め棒銀に対する指し方

図1からの指し手②
△6四銀、▲5六歩(図10)

(図10)△6四銀の斜め棒銀には▲5六歩と突く。

続いて△6四銀に対する指し方です。
▲5六歩は形を崩さず将来の△5五銀や△5五角を消しています。

図10から
△7五歩、▲9八香(図11)

(図11)後手は狙い通り△7五歩。▲同歩は△同銀で銀がでてくるので△9八香で待つ。

▲9八香は角筋から香車を逃がしておく手筋です。

図11から
△7六歩、▲同銀、△7二飛、▲6五歩(図12)

(図12)後手は△7六歩~7二飛で攻めを繋げる。先手は▲6五歩で捌きにいく。

図12から
△7七角成、▲同飛、△5三銀引(図13)

(図13)後手は角交換から△5三銀引。先手は反撃のチャンス。

ここで先手の指し手は
①飛車取りに打つ▲8三角
②飛車をぶつける▲6七銀
があります。

飛車、金を狙う▲8三角

図13からの指し手①
▲8三角(図14)

(図14)飛車と金を射程に打つ▲8三角。

▲8三角には
①飛車を逃げる△7一飛
②飛車を逃げずに攻め合う△4四角
があります。

飛車を逃げる△7一飛

図14から①
△7一飛、▲6一角成、△同飛、▲6七銀(結果図5)

(結果図5)角金交換だが飛車が捌けるので先手よし。

結果図5から△7三歩には▲7四歩と合わせていけば先手の飛車が捌けます。

飛車を逃げない△4四角

図14からの指し手②
△4四角(図15)

(図15)△7一飛は先手よしなので、後手も飛車取りに角を打つ。

図15から
▲7二角成、△同金、▲6七銀、△7七角成、▲同桂(結果図6)

(結果図6)お互いに飛車角を持ち合う。互角の展開。

途中の▲6七銀の意味は…?

浮き駒の銀を引き付けて形をよくしています。
飛車を取らせて▲同桂とすることで桂馬が捌けています。

飛車をぶつける▲6七銀

図13からの指し手②
▲6七銀(図16)

(図16)飛車交換を迫る▲6七銀。

図16から
△7七飛成、▲同桂、△7六歩、▲同銀(図17)

(図17)飛車交換になる。後手は△7六歩で先手陣を乱す。

△7六歩は連結のよい先手陣を乱す手筋です。
細かくポイントを稼ぎたいときに有効です。

図17から
△7八飛、▲6七銀、△9八飛成、▲8三飛(図18)

(図18)後手が香得になるが、先手も飛車を打ち込み駒損回復を図る。

図18から
△7一金、▲7二歩、△9二角、▲8五飛成、△7二金(結果図7)

(結果図7)後手が香得、先手は角を手持ちにしている、それぞれ主張はあるが後手の指し手が難しい局面。

斜め棒銀に対しても三間飛車が互角~有利の変化が多いことが確認できました。

三間飛車 vs. エルモ囲い まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。お疲れ様です。

↓にポイントをまとめました。

  • 三間飛車は、居飛車の△6四歩に対しては▲5六銀型にし、飛車を6筋に振り直す。(図3)
  • 8筋を突破されても6筋の歩を伸ばせれば振り飛車よし。(結果図1)
  • ▲5六銀のからの継続手として、▲4五銀で△3五歩を強要する。(図5)
  • 3四の空間に打ち込む桂香を入手する狙いで▲9五歩と仕掛ける。(図6)
  • 1歩もったら▲6五歩で角交換を挑む。(図8)
  • 三間飛車は、居飛車の△6四銀に対しては▲5六歩型にし、攻めてくるのを待つ。(図11)
  • △7二飛に対して▲6五歩で角を捌く。(図12)
  • ▲6七銀で金銀の連結をよくしながら飛車交換を挑む。(図16)

より詳しく知りたいあなたはこちらをどうぞ。エルモ囲い対策以外にも居飛車穴熊対策やトマホークの解説があり、居飛車党の私でも買ってよかったと思える良書です。

Pocket