【極限早繰り銀こそ万能の矢倉対策】極限早繰り銀 vs. 飛車先交換型

後手の急戦策、極限早繰り銀

こんにちは、Yutaです。

この記事では、先手矢倉に対して、後手が極限早繰り銀で攻める作戦について解説します。

じっくり矢倉を組み合う将棋は苦手だなぁ、というあなたにオススメです。

ちなみに、極限早繰り銀とは、棋書「史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀」からの造語で、極限までムダ手を省いて早繰り銀で攻める戦法のことをいいます。

極限早繰り銀がオススメな理由

先手矢倉に対して、後手の急戦策で有力なものに「居角左美濃」があります。

居角左美濃の進行例を↓の参考図1に示します。

(参考図1)先手矢倉 vs. 居角左美濃。後手はここから△6五歩~7五歩と仕掛ける。

居角左美濃 は有力な作戦ですが、△6五歩から仕掛けていくという性質があります。

ですので、先手が▲6六歩としてくれないと争点がないため仕掛けにくいという欠点があります。

一方、極限早繰り銀は▲6六歩型でも▲6七歩型でも仕掛けていくことができるため、先手の形に関わりなく使うことができます

極限早繰り銀に対する先手の指し方

この記事では、具体的な局面としては↓の基本図からの指し方を解説します。

(基本図)先手矢倉vs.後手急戦

後手はこのあと、△7三銀~6四銀と銀を繰り出す狙いです。

早繰り銀に対して、先手の指し方は

①飛車先を伸ばしてくる

②一直線に矢倉を組む

③▲4六角で飛車をにらみ、攻めを牽制する

があります。

この記事では①の飛車先を伸ばしてくる指し方について解説します。

②、③についても以下のリンクで解説しています。読んでもらえるとうれしいです。

極限早繰り銀、基本図からの指し手

基本図から
▲2六歩、△7三銀(図1)

(図1)先手は飛車先を伸ばして攻めの姿勢を示す。後手も△7三銀で銀を繰り出す準備をする。

図1から
▲2五歩、△3二金(図2)

(図2)▲2五歩に対して後手は△3三角で飛車先交換を受けない。

飛車先交換を受けないのか。

先手が飛車角交換に手数をかけている間に攻める方針です。

図2から
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△4一玉(図3)

(図3)後手は飛車先交換に対して△4一玉と寄る。

飛車先交換に対してすぐに△2三歩は打たないようにしましょう。

△4一玉に替えて△4二玉は3一の銀が使いにくくなるので注意しよう。

横歩を取る変化

図3から先手が▲3四飛で横歩を取る変化をみてみましょう。

図3からの指し手①
▲3四飛(図4)

(図4)先手が横歩を取る変化

図4からの指し手①
△4四角、▲2四飛、△2二銀、▲2八飛(図5)

(図5)後手は横歩取りに対し△4四角で2二のスペースを開ける。▲2四飛には△2二銀で受ける。

横歩取りには△4四角と覚えておきましょう。

2筋に歩を打たないで受けるのがポイントだな。

▲2四飛と戻らなかった場合

参考までに先手が△4四角に対し▲2四飛としなかった場合をみてみましょう。

図4からの指し手②
△4四角、▲5八金、△3三金、▲3六飛、△2二飛(参考図2)

(参考図2)先手が▲2四飛としない場合は△3三金で飛車に当てながら後手の飛車の横利きを通す手が好手。△2二飛で後手有利。

参考図から▲2八歩と受けても△3八歩が痛打です。

横歩取りが裏目にでているな。

図5からの指し手

改めて、図5からの指し手に戻ります。

図5から
△6四銀、▲6六銀(図6)

(図6)後手は△6四銀とあがり△7五歩からの攻めを狙う。先手は△7五歩を防ぐため▲6六銀とするが…。

図6から
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△8五飛(結果図1)

(結果図1)次に△2七歩~2六歩などがあり後手有利。

後手は2筋に歩を打っていないので△2七歩~2六歩で先手の飛車を抑えてから△2五飛と回れれば優勢です。

△4四角の位置がすばらしいな。

横歩を取らない変化

図3からの指し手②
▲5八金、△6四銀(図7)

(図7)横歩を取らない変化。先手は駒組を進め、後手は早繰り銀を狙う。

図7から
▲2五飛、△2三歩(図8)

(図8)先手は飛車を5段目に利かせて△7五歩からの攻めを防ぐ。次に▲2四歩と垂らされるとやっかいなので後手は△2三歩と受ける。

飛車を縦に引かれた場合は△2三歩とおさめましょう。

先手の飛車が5段目にいると攻められないぞ。どうする?

図8から
▲6九玉、△4二銀、▲4八銀、△5四歩(図9)

(図9)△7五歩を防がれているので駒組を進める。

いったん駒組します。△4二銀は壁形を解消して価値が高いです。

図9から
▲6六歩、△4四角、▲6七金右、△3三桂(図10)

(図10)先手は金矢倉を完成させる。後手は△4四角~3三桂で飛車を追い払う。

ここでも△4四角が好手です。角筋を通しながら△3三桂で桂馬を活用します。

図10から
▲2八飛、△7五歩、▲6五歩(図11)

(図11)飛車の横利きがなくなったので△7五歩から仕掛ける。▲6五歩は突き違いの手筋。

いよいよ△7五歩ですが、▲6五歩が上に厚い矢倉の特徴を活かした受けの手筋です。

この▲6五歩にはどう対処するの?

図11から
△同銀、▲7五歩、▲7六歩(図12)

(図12)後手は△同銀と応じ、▲7五歩に△7六歩と打つ。

引いているようでは攻めが止まってしまいます。△同銀でOKです。

図12から
▲6八銀、△8八角成、▲同金、△4四角、▲7八玉(図13)

(図13)▲6八銀に対し、後手は角交換から再度△4四角と打つ。△4四角と打つことで▲6六歩から銀を取られる手を防いでいる。

後手は6五の銀が▲6六歩で取られてしまう前に手を作る必要があります。角交換からすぐに角を打ち直します。

図13から
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△8四飛(図14)

(図14)後手は飛車先交換から△8四と浮き飛車に構える。

△8四飛は次に△7三桂の活用を狙っています。

図14からの指し手①
▲5七銀、△7三桂、▲4六歩(図15)

(図15)先手は▲6六歩で銀を捕獲できるが、いったん▲4六歩として△4五桂を防ぐ。

▲4六歩に替えて▲6六歩とすぐに銀を取りにこられたらどうするんだ?

すぐに銀を取りにくる変化

図14からの指し手②
▲5七銀、△7三桂、▲6六歩、△4五桂(図16)

(図16)先手がすぐに▲6六歩で銀を取りに来た変化。後手は△4五桂から暴れる。

銀をタダで取られるわけにはいかないので、△4五桂から反撃します。

あらかじめ△7三桂としておいた効果で、銀取りの▲6五歩は△同桂で攻めに勢いがつくのか。

図16から
▲4六銀、△6六銀、▲7六金、△6四飛(参考図3)

(参考図3)後手の銀が生還し、飛車を6筋に回った形は攻め駒が先手玉に近い。先手は壁形がつらい。

図15からの指し手

改めて図15からの指し手をみてみましょう。

図15から
△8八角成、▲同玉、△8五金(図17)

(図17)後手は角切りから攻めをつなぐ。

後手は角を切って先手玉を危険地帯にもってきます。
△8五金は重い攻めですが、△7六歩の拠点もあって受けにくいです。

玉の早逃げ▲7八玉

図17から先手が早逃げしてきた変化をみてみましょう。

図17からの①
▲7八玉、△7五金、▲6六歩、△7四銀(結果図)

(結果図)▲7八玉の早逃げには△7五金で歩を取り銀を助ける。後手は次に△8八歩を狙う。

早逃げには△7五金で銀を助けることができます。次は△8八歩、▲同玉、△8六歩が狙いです。

銀を取りにくる▲6六歩

図17から銀を取りに▲6六歩と打ってくる変化をみてみましょう。

図17からの指し手②
▲6六歩、△8六歩、▲6五歩、△8七歩成、▲同玉(図18)

(図18)銀は助からないので、8筋から攻め合う。

図18から
△9六金、▲同玉、△8九飛成(結果図2)

(結果図2)△8五龍までの詰めろ。先手は受け一方になる。

△9六金に▲7八玉は△8七飛成~8八歩があります。
結果図2は詰めろで、後手が攻め切れるかどうかの将棋になりました。

飛車先交換型 vs. 極限早繰り銀まとめ

  • 先手の横歩取りには△4四角~2二銀で2筋に歩を打たない。後の△8六歩を含みにする。(図5)
  • ▲2五飛で早繰り銀を受けてきたら△4四角~3三桂で飛車を追い払う。(図10)
  • 早繰り銀の△7五歩に対して▲6五歩の突き違いには△同銀~7六歩で拠点を残す。(図12)
  • 6五の銀を取られる前に△7三桂と活用する。(図14~15)
  • 角金交換で先手玉を8筋に動かし△8五金から攻める。(図17)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

早繰り銀はシンプルな攻めながら、受けきるのは大変です。

とにかく自分から攻めたいあなたにオススメの戦法です。

極限早繰り銀についてより詳しく知りたいあなたはこちらをどうぞ。

対矢倉以外にも対雁木の攻め方が載っており、相居飛車戦で攻めまくれます。

Pocket