【初手▲7八飛戦法】相振り向かい飛車対策【銀の働きで差をつける】

先手▲7八飛戦法vs.後手向かい飛車

こんにちは、Yutaです。

この記事は、先手▲7八飛戦法vs.後手向かい飛車の相振り飛車の将棋について書いています。

内容としては、先手が後手の向かい飛車に対して有利に進めるためのポイントを解説しています。

相振りを苦手にしている方はぜひ読んでみてください。

ポイントは銀の働き

相振りで向かい飛車を相手にしたとき、どうしても避けたい展開があります。

それは、攻めの銀をうまく使われることです。

もっと具体的には、早繰り銀の形を作られることです。(参考図1)

(参考図1)後手は早繰り銀で玉頭を攻めてくる。相振りの囲いは上部が薄いため強烈。

この展開を避けるために3三の地点に銀を進ませない工夫が必要です。

角交換を△3三同桂と取らせる

後手の銀を前に進ませない工夫として、3三の地点で角交換し、後手に△同桂と取らせる手段があります。

具体的には、以下のような局面で角交換します。(参考図2)

(参考図2)後手が角交換のときに△同銀と取れないタイミング

仮に参考図2から▲3三角成、△同銀となると▲6五角で先手の馬作りが受かりません。(参考図3)

(参考図3)先手の馬作りが受からず後手失敗。

以上の点をふまえて、初手から解説します。

初手からの指し手

▲7八飛、△3四歩、▲4八玉、△3三角、▲3八玉、△2二飛(図1)

(図1)先手▲7八飛戦法vs.後手向かい飛車の出だし

先手は初手を▲7六歩とせず、▲7八飛とするのが工夫です。

角交換になってもいいタイミングまで▲7六歩を保留しているわけだな。

図1から
▲7六歩、△4二銀、 ▲3三角成、△同桂 (図2)

(図2)先手はこのタイミングで角道を開ける。後手は▲6五角を防ぐため△4二銀~△同桂となる。

これで後手の銀を前に出すことを防ぐことができました。

図2から
▲6八銀、△2四歩、▲8八飛、△2五歩、▲2八銀(図3)

(図3)先手は向かい飛車に振り直す。後手は飛車を伸ばす。

先手は手損になるけど、向かい飛車から早繰り銀で攻める作戦だな。

図3から
△6二玉、▲8六歩、△7二玉、▲8五歩(図4)

(図4)後手も玉を囲う。先手は飛車先を伸ばす。

図4から
△8二銀、▲5八金左、△5二金左、▲4八金上、△6二金上(図5)

(図5)お互いに金無双に囲う。

金無双は相振り飛車で有力な囲いです。

図5から
▲7七銀、△2六歩、▲同歩、△同飛、▲2七歩、△2四飛(図6)

(図6)先手は銀を前に出す。後手は飛車先交換から浮き飛車に構える。

先手はいよいよ銀を前に繰り出していきます。

図6から
▲6六銀、△3五歩、▲9六歩、△9四歩、▲7三桂(図7)

(図7)先手は▲6六銀~▲7七桂で攻めの態勢を整える。後手は△3五歩で飛車の横利きを通す。

まずはこの局面から先手の一番わかりやすい狙い筋について解説します。

狙いの▲5四角

図7からの指し手①
△4四歩、▲7五銀、△4三銀、▲5六角(図8)

(図8)後手も銀を活用するために△4四歩~▲4三銀。先手は▲5六角が狙いの一手。

▲5六角が狙いの一手で、8三の地点へ利きを足しています。

金無双は玉頭を厚くしにくいから、これは強烈だな…。

図8から
△4五角、▲同角、△同歩、▲5六角(結果図1)

(結果図1)後手は△4五角から飛車の横利きを通すが、先手は再度▲5六角!

後手も△4五角から頑張りますが、再度▲5六角で次の▲8四歩が厳しいです。

飛車の横利きを活かして△9三銀で8四の地点を受けられたらどうするんだ?

△9三銀にはとっておきの一手があります。

参考、結果図1から
△9三銀、▲8三角成、△同玉、▲8四歩(参考図4)

(参考図4)△9三銀には▲8三角成で角を切り玉を吊り上げる。

▲8三角成から玉を危険地帯へおびき寄せて先手有利です。

8四の地点で清算すれば詰みまであるな…!

▲5四角を防がれたら…?

次は▲5六角を防がれた場合の攻め方を解説します。

図7からの指し手②
△5四歩、▲7五銀、△5三銀(図9)

(図9)△5四歩~△5三銀が▲5六角を防ぐ銀の活用。

これで▲5六角の筋は使えません。

それでも▲5六角とするとどうなるの?

参考、図9から▲5六角
▲5六角、△5五歩、▲6五角、△6四歩(参考図5)

(参考図5)駒損が確定し、先手失敗。

▲5六角は5筋を伸ばされると狭いんだね…。

では図9から▲5六角以外の攻め方を見ていきましょう。

図9から
▲9五歩、△同歩、▲8四歩、△同歩、▲9五香(図10)

(図10)先手は9筋、8筋を突き捨て▲9五香。

やけくそか!?

大丈夫です。

図10からの指し手①
△9五同香、▲8四銀、△8三歩、▲9五銀(結果図2)

(結果図2)香交換に成功し先手有利。

先手は次に▲8六香や▲9三歩など楽しみが多いです。

しかし△8三歩のところを△9七香成ならどうするんだ?

以下の手順で問題ありません。

参考、△8三歩に替えて△9七香成
△9七香成、▲9四角、▲7一玉、▲8六飛(参考図6)

(参考図6)△8三歩を打たないと▲9四角の王手が厳しい。

8筋を破って先手有利です。

△9五同香と素直に取らない

次は図10から△9五同香と取らない場合を見てみましょう。

図10からの指し手②
△9四歩(図11)

(図11)後手は△9五同香と取らない。先手の香車の位置をずらす△9四歩。

なるけど、9四の地点 で▲同香、△同香となれば▲8四銀が香取りにならないのか!

これには先手も歩を使って対抗します。

図11から
▲9二歩、△同香、▲5六角(図12)

(図12)先手は▲9二歩~▲5六角が返し技。

△8三角で受かりそうだが…。

図12から
△8三角、▲6五桂(図13)

(図13)△8三角には▲6五桂が好手。

▲6五桂が気持ちのいい一手です。△6四銀と逃げれば▲8四銀です。

図13から
△5五歩、▲5三桂成、△5六歩、▲5二成桂、△同金、▲8四飛(結果図3)

(結果図3)後手は△5五歩から反撃するが、先手の攻め駒がさばけ先手優勢。

飛車を持てば陣形差も大きく先手優勢です。

飛車、角、銀、桂、香の手厚い攻めが決まったな!

▲7八飛戦法vs.向かい飛車まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。お疲れ様です。

↓にポイントをまとめます。

  • 後手に△3三銀型を作らせないタイミングで角道を開ける(図2)
  • 向かい飛車に振り直し、▲7七銀から早繰り銀を狙う(図6)
  • 早繰り銀 + ▲5六角で8三の地点を狙う(結果図1)
  • ▲5六角を防がれたら8~9筋を突き捨てて▲9五香!(図10)
  • △9五同香には▲8四銀~▲9五銀(結果図2)
  • △9四歩には香車を吊り上げて▲5六角(図12)

より詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。初手▲7八飛戦法は対抗型はもちろん相振りにも使えるコスパ最高戦法ですよ!

Pocket