【右玉に組ませない!】角換わり右玉対策、いきなり▲4五桂③

前回のおさらい

こんにちは、Yutaです。

この記事は、相手が右玉に組む前に▲4五桂と跳ねて攻め潰してしまおう、という作戦について解説しています。

右玉なんてもう見たくない!というあなたに読んでもらえるとうれしいです。

角換わり戦で後手が右玉を含みにした駒組をした場合、下のテーマ図のような局面になりやすいです。

この記事では▲4五桂に△4四銀とかわしたときの変化について解説します。

(テーマ図)右玉模様の後手に対して先手が▲4五桂と跳ねた局面。前回まではここから①△2二銀、②4二銀とかわしたときの変化をそれぞれ解説。

前回の記事【初手からの手順、▲4五桂に△2二銀】はこちら

前回の記事【▲4五桂に△4二銀】はこちら

▲4五桂に△4四銀の変化

テーマ図からの指し手③
△4四銀(図1)

(図1)△4四銀は△4四歩から桂馬を取りにいくことはできなくなるが、▲7一角や▲6六角に備えているため手堅い一着。

△4四銀には▲7一角や▲6六角が先手になりません。今度は▲2四歩から攻めていきます。

図1から
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩、▲3四飛(図2)

(図2)先手は飛車先を切って横歩を取る。横歩を取った手が金取りの先手になる。

図2から
△3三桂、▲2四歩(図3)

(図3)後手は金取りを△3三桂で受ける。先手の▲2四歩は△4二銀型でもでてきた手筋。△同歩は▲同飛で先手充分。

図3で△2八角は▲3七角と合わせて問題なさそうだな。(参考図1)

(参考図1)香取りに打つ△2八角は▲3七角と合わせて、以下△同角、▲同銀で問題ない。

図3は後手の指し手が広い局面です。
 ①3二の金に紐をつけて玉を固める△4二玉
 ②飛車取りに角を打つ△2五角
 ③右玉を目指す△8一飛
をそれぞれみてみましょう。

図3からの指し手① 【玉を固める△4二玉】

図3からの指し手①
△4二玉、▲3五歩、△2七角(図4)

(図4)△4二玉で玉が2~3筋に近づいてきた場合は▲3五歩で力を貯める。指し手の難しい後手は△2七角から馬を作ろうとするが、先手はここから攻めを繋げる。

△2七角に替えて△2五角なども打ちたくなりますが、以下
▲2三歩成、△同金、▲2四歩、△3四金、▲同歩、△4五桂、▲同歩、△同銀、▲3三角(参考図2)
が予想で、先手良しです。

(参考図2)飛車が取られる代わりに3筋に拠点ができ、王手で角を打ち込んで先手有利。

図4から
▲3三桂成、△同銀、▲4五桂(図5)

(図5)先手は桂交換から再度▲4五桂と打つ。飛車を取らせて3筋に拠点を作る方針。

後手玉が3筋に近いから飛車を取られても拠点が大きいということか。

図5から
△3四銀、▲同歩、△5一玉、▲3三歩成(結果図1)

(結果図1)3筋の拠点を伸ばし先手の攻めが続く形。

図3からの指し手② 【飛車取りに打つ△2五角】

図3からの指し手②
△2五角、▲3三桂成、△同銀、▲3五飛、△2四歩(図6)

(図6)△2五角には▲3三桂成~▲3五飛で飛車を逃がして角に当てる。後手は△2四歩で支えるが、先手から厳しい攻めがある。

ちなみに▲3三桂成を△同金は、
▲同飛成、△同銀、▲2三歩成(参考図3)となります。

(参考図3)銀取りでと金ができて攻めが続く。以下△4四銀、▲4五歩、△同銀、▲3三桂などが一例。

図6から
▲4五桂、△3四銀、▲7一角(結果図2)

(結果図2)飛車取りと5三への殺到を狙った▲7一角。後手は収集がつかない。

▲7一角は△2二銀型のときもでてきた5三が薄いときの必修手筋だな。

後手は角を手放しているので▲5三角成に△4四角の受けがなく収集がつきません。

図3からの指し手③ 【右玉を目指す△8一飛】

図3からの指し手③
△8一飛、▲6六角(図7)

(図7)△8一飛は右玉を目指すなら必要な一手。先手は▲6六角と打って3三の地点に狙いをつける。

後手が右玉を目指して△8一飛に替えて△6二玉とした場合は▲4一角が痛打です。(参考図4)

(参考図4)▲2四歩の効果で▲4一角が痛打となる。後手は先に△8一飛としなければ△6二玉と右玉にできない。

図7で次に▲4四角、△同歩、▲3三桂成とれば先手優勢です。後手は3三に利きを足して受ける必要があります。

図7からの指し手①【金で受ける△4二金右】

図7からの指し手①
△4二金右(図8)

(図8)△4二金右で3三に利きを足して受ける。先手はゆっくりしていると△2八角などがあるためここで攻める。

図8から
▲3三桂成、△同金右、▲同飛成、△同銀、▲4五桂(結果図3)

(結果図3)3三の地点を執拗に攻めて先手がよい。

結果図3から一例として△4四角、▲3三桂成、△同金、▲4四角、△同歩、▲3一角があります。(参考図5)

(参考図5)次の▲5三角成が詰めろ。△4三金は▲2三歩成、△5二玉は▲4二銀などがあり攻めが続く。

図7からの指し手②【角で受ける△4二角】

図7からの指し手②
△4二角(図9)

(図9)△4二角で3三に利きを足して受ける。角を手放したので先手はすぐに攻めなくてもよい。

図9から
▲5六歩、△6二玉、▲9五歩、△同歩、▲9三歩(結果図4)

(結果図4)先手は▲5六歩で角の退路を作っておく。後手は△6二玉で右玉の形を作る。▲9五歩から狙いの端攻めを決行し、次に▲9五香と走れば9筋を突破できる。

6六の角は左右に利きのある絶好の位置です。後手は7三に桂馬を跳ねているので端が薄くなっています。歩得を活かした端攻めが決まりました。

まとめ

  • ▲4五桂に△4四銀とされた場合は飛車先交換から▲3四飛で横歩を取る。横歩を取った手が金取りの先手になる。(図2)
  • △3三桂の受けに対し▲2四歩と味付けする。(図3)
  • 図3から△4二玉で3筋に近づいてきた場合は▲3五歩で力を貯める。(図4)
  • 図3から△2五角で飛車取りに打ってきた場合は▲3三桂成~▲3五飛~▲4五桂。(図6)
  • 図3から△8一飛で右玉を目指してきた場合は△6六角で3三の地点を狙う。(図7)

△4四銀型に対する解説は以上です。

飛車を渡す変化などが多く踏み切るのは勇気がいりますが、ぜひお試しください。

この記事はこちらの本を参考に書きました。

コンピュータ将棋の序盤戦術について角換わり・雁木・相掛かりを中心とした内容になっています。

かなり内容は難しいのですが、新しい発見があることは間違いありません。

コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,663から
(2019/7/15 00:52時点)

Pocket