【将棋4コマ漫画】桂頭を守ろう

桂馬は頭が弱点、桂頭をカバーする手段

こんにちは、Yutaです。

初心者の頃は、桂馬を跳ねるのが怖くてたまりませんでした。

歩で取られるから。

しかし、将棋の上達には桂頭の使いこなしは避けて通れません。

▲2四飛、▲4七銀、および▲4七金は桂頭(3六の地点)をカバーする大事な手です。

特に▲2四飛は飛車の横利き通すことで盤全体で飛車を使うことのできる、上手に使えばたいへん優秀な一手です。

Pocket