【将棋4コマ漫画】飛車を捕獲する手筋を覚えよう【初心者がうっかりしやすい中飛車の悪手】

飛車を捕獲する手筋

こんにちは、Yutaです。

この記事では中飛車vs.居飛車において、

中飛車が5筋の歩交換してきたときに飛車を捕獲する手筋と、

そこから居飛車が有利に進めていくための方法を解説します。

5筋の交換はしない方がいい

そんな都合のいい方法があるのか、と思われたかもしれません。

その通りでして、ここで紹介する手順は中飛車が悪手を指したときの正しい対応の仕方です。

具体的には↓の基本図から、中飛車が飛車先を交換してきたときの変化をみていきます。

(基本図)先手中飛車vs.居飛車。後手は角道を開けずに駒組しているのが工夫。

そもそもとして、中飛車が5筋の歩を交換することはデメリットがあります。

それは、居飛車の銀や角が歩がいなくなった5三の地点から前に出てくるからです。(参考図)

(参考図)5三の地点に歩がなくなると後手の駒が前に出やすくなる。

参考図のような展開になると5筋の歩交換はむしろ居飛車を助けています。

基本図からの指し手

本題の飛車を捕獲する手筋の解説です。

基本図から
▲5四歩、△同歩、▲同飛、△5五歩(図1)

(図1)△5五歩でフタをして飛車を捕獲。△3四歩を突いていないことが活きている。

漫画の2コマ目が図1の局面です。△6四銀型のため、△5五歩で飛車を捕獲できました。

図1から
▲同飛、△8六歩(図2)

(図2)先手は▲同飛で歩をとる。すぐに△同銀は▲同角が飛車にあたるため、先に△8六歩を利かす。

△8六歩が大事な一手で、すぐに△同銀は▲同角、△9二飛、▲8三銀(参考図2)となって後手失敗です。

(参考図2)飛車を攻められ後手失敗の図。

改めて図1からの指し手です。

図1から
▲同歩、△5五銀、▲同角、△8六飛(結果図)

(結果図)駒得に加え、飛車成りが見込めて後手有利。

中飛車の悪手を正確に対応し、 結果図は後手有利です。

対先手中飛車、オススメ棋書

先手中飛車に対しては、都成竜馬五段の「対中飛車 角道不突き左美濃」を読んでおくと序盤の指し手に困ることはなくなります。

都成五段は居飛車も中飛車も指しこなす方ですので、どちらに肩入れすることなく居飛車・中飛車ともに有力な指し方がたくさん載っています。

中飛車を指すあなたにもオススメです。

振り飛車最前線 対中飛車 角道不突き左美濃 (マイナビ将棋BOOKS) [ 都成竜馬 ]

価格:1,663円
(2019/8/2 15:10時点)
感想(1件)

Pocket