【必修手筋】対四間飛車、居飛車からの仕掛けまとめ【銀冠穴熊に組んでから】

こんにちは、Yutaです。

この記事は対四間飛車において、銀冠穴熊に組んだ後にどうやって攻めていくかをまとめています。

角道オープンのまま銀冠穴熊に組む手順はこちら

この記事はこんなあなたにオススメ

いやぁ、固い囲いの中は安心だなぁ。(参考図1)
さて、そろそろ攻めようか。

(参考図1)先手は銀冠穴熊が完成。固さで勝るので強い戦いができる。

・・・。

どうやって攻めればいいんだ?

攻めを組み立てるのって難しいですよね。

そんなあなたはこの記事で紹介する攻め筋を覚えてください。

中飛車や三間飛車を相手にしても応用が利くのでオススメですよ!

四間飛車に対して覚えておきたい2つの仕掛け

居飛車が固く囲えてしまえば、四間飛車に対しての攻め方は以下の2つから選んでいけばOKです。

①角頭を攻める▲3六歩~3五歩~3八飛

3筋を突き捨ててから▲3八飛と回るのがスムーズな攻め

振り飛車の左銀が4三にいないときは角頭が薄いので特に有効です。

②引き角から▲2四歩で2筋を突破

角を引いて次に▲2四歩を狙う。▲6八銀と囲いに寄せる手も価値が高い。

振り飛車の左銀が4三にいて角頭をカバーしているときに有効です。

振り飛車の左銀の位置をみて攻め方を選ぼう!

相手の形をみて攻め方を選ぶのはとても重要です。

対四間飛車では左銀の位置をみて攻め方を選ぶことをオススメします。

この記事では△5四銀型、△4三銀型をみていきます。

対△5四銀型

(△5四銀型基本図)

上の △5四銀型基本図 からの指し手を解説します。

△5四銀型基本図からの指し手①
△1四歩、▲3六歩、△1二香、▲3五歩、△同歩、▲3八飛(図1)

(図1)後手は有効な指し手が難しく△1四歩~△1二香と手待ち。先手は角頭を攻める。

少し先手に都合のいい順ですが、攻め筋を覚えるためお付き合いください。

図1から
△4三銀、▲3五飛、△3四歩、▲3六飛(図2)

(図2)後手は手損になるが△4三銀と戻って角頭を守る。先手は3筋で1歩持つことができた。

もし後手が角頭を守ってこなければ、▲6八銀や▲3七桂で遊び駒を活用してから▲3三飛成と飛車角交換をしても先手よしです。(参考図2)

(参考図2)以下、△同桂、▲3四歩から攻めが繋がる。

図2から
△3二飛、▲6八銀、△4二角、▲4六飛(図3)

(図3)後手は3筋を逆襲するために△3二飛~4二角とする。先手は▲4六飛と回って次に▲4四角を狙う。

先手玉が固いので角銀交換でも飛車が捌ければ問題ありません。

図3から
△3三角、▲7七銀、△5四歩、▲7五歩(結果図1)

(結果図1)後手は▲4四角を防ぐため角を戻す。先手は▲7七銀でさらに固めてから▲7五歩と玉頭戦を仕掛ける。

圧倒的な堅陣から玉頭戦を仕掛けて先手有利です。
以下△同歩、▲同角で2枚歩をもてば以下のような攻め筋もあります。

歩を2枚もったときの攻め筋

結果図1からの指し手
△同歩、▲同角 、△7四歩、▲4八角、△4二角、▲8五歩(図4)

(図4)2枚歩をもって▲8五歩と仕掛ける。

図4から
△同歩、▲8四歩、△9二銀、▲9五歩、△同歩、▲9四歩(結果図2)

(結果図2)角の利きを活かして8筋に拠点を作り、さらに▲9五歩~9四歩で9筋にも拠点を作り先手有利。

先手はこの後、▲5五歩で飛車の横利きを通してから▲9五香と走るのが調子のいい攻めです。

対△4三銀型

(△4三銀型基本図)

上の △4三銀型基本図 からの指し手を解説します。

△4三銀型基本図からの指し手①
△1四歩、▲ 6八銀、△6五歩、▲5七角、△4五歩(図5)

(図5)△4三銀型には引き角から▲2四歩を狙う。

この順は先手が手順に▲5七角と引き角にできているのでかなり得しています。
都合がいいようですが攻めが決まるパターンを覚えるためお付き合いください。

図5から
▲2四歩、△同歩、▲同角、△2二飛(図6)

(図6)△2二飛は▲2四歩からの攻めに対する振り飛車の返し技。先手は角が動くと飛車が取られてしまうが…。

図6から
▲3三角成、△2八飛成、▲4三馬(結果図3)

(結果図3)飛車は取られたが▲4三馬で銀を取り陣形差も大きく先手有利。

△4三銀型は引き角からの2筋突破で▲3三角成~4三馬と先手が駒得できることが弱点です。

△2二飛と受けられた場合

じゃあ先に△2二飛で▲2四歩を防がれたらどうするの?

△4三銀型基本図からの指し手②
△1四歩、▲ 6八銀、△6五歩、▲5七角、△2二飛(図7)

(図7)△2二飛と回られると先手からの仕掛けは難しい。

こうなると仕掛けるのは難しくなります。
△4三銀型は角頭を守っていますので▲3六歩~3五歩の攻めも効果が薄いです。

なお、△6五歩と伸ばされているときは▲3六歩は危険です。
△4二角~6四角で飛車を狙われる手があります。(参考図3)

(参考図3)▲3六歩で飛車のコビンを空けると角の転換で狙われる筋に注意。

図7から
▲7五歩、△4五歩、▲7四歩、△同銀、▲7五歩、△8三銀(図8)

(図8)先手は▲7五歩から動く。後手は△同歩だと▲同角で先手がよいため取り込ませる。先手は▲7五歩と打っておき位を残しておく。

2~3筋が厚いので玉頭方面を攻めましょう。

なお、△7四同銀に▲8四角と歩を取るのは△7五歩で角を捕獲されるので注意です。(参考図4)

(参考図4)8四の歩を取るのは△7五歩で角の捕獲される。

図8から
▲7七銀、△4四銀、▲6八角、△5五歩(図9)

(図9)先手は▲7七銀で囲いを強化する。後手は△4四銀から5筋を狙う。先手の▲6八角はあらかじめ当たりを避けた一手。

図9から
▲2六飛、△3五銀、▲同角、△同歩、▲5五歩(結果図4)

(結果図4)△5五歩に対して先手は▲2六飛で飛車を浮く。△3五銀には▲同角とし、▲5五歩で飛車の横利きが通り先手の駒の働きがよい。

先手はこの後、▲7六飛や▲5四銀が狙いになります。

銀冠穴熊からの攻め方まとめ

  • 振り飛車の左銀の位置で攻めを使い分ける
  • △5四銀型には▲3六歩~3五歩~3八飛の 角頭攻め(図1)
  • △4三銀型には引き角から▲2四歩の2筋突破(図5)
  • △2二飛で受けられた場合は7筋から動く(図8)

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

今回は四間飛車に対して2つの攻め方とその先の手順の一例を紹介しました。

繰り返しですが、コツとしては左銀の位置で攻め方を使い分けることです。

ざっくり分けると4三に銀がいれば引き角で、それ以外は角頭攻めでOKです。

今回紹介した手順は振り飛車が手待ちになっている部分がありましたので全く同じ局面にならないこともあると思いますが、

攻めの方針として知っておいてもらえると必ず役に立ちます。

振り飛車から動いてきたらどう対応するか、についても記事を作成予定です。

Pocket