【攻める振り飛車】穴熊対策?角交換四間飛車でOKです。【後手番で勝つ】

穴熊対策角交換四間飛車

角交換四間飛車で居飛車穴熊対策!

こんにちは、Yutaです。

この記事では、居飛車穴熊対策としての角交換四間飛車を解説します。

具体的には、参考図1のように、居飛車vs.振り飛車において、居飛車が角道を止めて穴熊などの持久戦にしてきた場合の有力な指し方について解説します。

(参考図1)居飛車が角道を止めて持久戦にしてきた局面。

振り飛車の狙い

もともと居飛車穴熊は、振り飛車が角道を止めていることを前提としている戦法です。

振り飛車が角道を止めていることで角交換にならないため、角の打ち込みを気にせず穴熊のような偏った駒組ができるからです。

よって、角が向かい合ったまま戦う、いつ角交換になるかわからない角交換四間飛車は対策としてうってつけです。

それでも居飛車が穴熊を目指すならば、居飛車側が角道を止める必要があります。

振り飛車の狙いは、居飛車が角道を止めて角が使いにくくなったタイミングで2筋を逆襲することにあります。

では、いってみましょう!

初手からの指し手

初手から
▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△4二飛(図1)

(図1)居飛車vs.角交換振り飛車の出だし。△4二飛は角交換から▲6五角が両取りにならないようにしている。

図1から
▲4八銀、△6二玉、▲6八玉、△7二玉、▲7八玉、△8二玉、▲2五歩、△3三角(図2)

(図2)お互いに角道を止めずに駒組を進める。▲2五歩には△3三角で受けておく。

ここで▲3三角成、△同桂、▲2四歩が気になる人は↓の記事を読んでください!

向かい飛車&美濃囲い

図2から
▲5六歩、△2二飛(図3)

(図3)後手は玉の移動が済んだら向かい飛車に振り直す。

向かい飛車に振り直してして2筋逆襲を狙いましょう。

▲3三角成は△同桂で後手の調子がいいな!

図3から
▲5八金右、△4二銀、▲5七銀、△7二銀(図4)

(図4)後手は美濃囲いで囲いが完成。先手は角が向かい合ったままで動きが難しい。

先手は穴熊に組みたいところですが、角交換になるとバランスが悪いため悩ましい局面です。

図4から
▲6六歩、△3二金(図5)

(図5)先手は玉を深く囲うために角道を止める。△3二金は急戦を仕掛ける構え。

居飛穴を目指すなら▲6六歩は仕方ないところかですが、ここは振り飛車チャンスです。

振り飛車、仕掛ける

図5からの指し手①
▲7七角、△2四歩、▲同歩、△同飛(図6)

(図6)振り飛車は低い陣形を活かして飛車交換を挑む。

ここで飛車交換は居飛車がツライ!

先手陣は打ち込みのスキが多いね!

図6から
▲2五歩、△2二飛、▲8八玉、△4四角(図7)

(図7)先手は飛車交換を拒否するが、△4四角が角道オープンを活かした後手の狙い。

この△4四角が、△4四歩を指していないことで生じる振り飛車の狙いです。

次に△2六歩で抑えられると居飛車は厳しいな…。

図7から
▲4六銀、△2六歩(図8)

(図8)先手は▲4六銀で角にプレッシャーを掛けますが、後手は構わず△2六歩。

図8から
▲4五銀、△2五飛、▲4四銀、△同歩(結果図1)

(結果図1)角銀交換だが2筋を突破して後手有利。

△4四角~△2六歩が絶品だったな。

次は居飛車が急戦に備えた場合を見てみましょう。

急戦に備えた▲3六歩

図5からの指し手②
▲3六歩(図9)

(図9)後手の△3二金は急戦の合図。先手も▲3六歩で2筋に備える。

後手が仕掛けてきそうなので、▲3六歩~▲3七桂で2筋を強化する狙いです。

図9から
△2四歩、▲同歩、△同飛、▲2五歩、△2二飛、▲4六銀(図10)

(図10)後手は2筋から動く。先手は飛車交換を拒否し、△4四角を防ぐため▲4六銀と出る。

これで△4四角にはすぐに▲4五銀と出られるな。

▲4六銀に、後手は別手段で攻め手を作ります。

図10から
△4四歩、▲3七桂、△4三銀(図11)

(図11)後手は「歩越し銀には歩で対応」の格言に沿って△4四歩。

後手は▲4六銀に対し、△4四歩~△4三銀で角頭をカバーします。

これで△4二角から角を引いて使うことができるな。

図11から
▲6七金、△4二角、▲7七角、△5四歩(図12)

(図12)先手は玉を固める。後手はその間に△4二角~△5四歩で角を活用する。

後手の狙いは△5三角~△2六歩の2筋逆襲にあります。

図12から
▲6五歩、△3三桂、▲8八玉、△2一飛(図13)

(図13)先手は角道を開ける。後手は△3三桂~△2一飛で飛車を角筋から避けておく。

図13から
▲7八銀、△5三角(図14)

(図14)先手は左美濃が完成。後手は△5三角で仕掛けの準備が完了。

図14から
▲9六歩、△4五歩(図15)

(図15)先手の▲9四歩に対し、後手はさっそく△4五歩を仕掛ける。

この△4五歩を取るとどうなるの?

図15からの指し手①
▲同桂、△同桂、▲同銀、△4四歩(参考図2)

(参考図2)△4五歩を取ると、桂交換のあとに△4四歩で銀が詰んでしまう。後手有利。

△4五歩は取れないのかぁ。

次に△4五歩を▲5三銀とかわした場合を見てみましょう。

図15からの指し手②
▲5三銀、△3五歩(図16)

(図16)後手は銀を引かせて△3五歩で桂頭を攻める。

角や桂の前に進めない駒の頭を攻めるのは将棋のセオリーです。

図16から
▲2六飛、△4四銀(結果図2)

(結果図2)先手は桂馬を守るため▲2六飛しかないが、△4四銀から飛車に圧力をかけて後手ペース。

飛車を攻める展開になって後手ペースだな。

後手はこのあと、△4二金と金を寄せていくのも味のいい手です。

△3六歩はいつでも好きなタイミングでいいんだね。

まとめ

指し方のポイントをまとめます。

指し方のポイント
振り飛車は角道を開けたまま駒組を進める。(図4)

居飛車が角道を止めて持久戦を目指してきた場合は△4四角~△2六歩で2筋を逆襲する。(図8)

居飛車が早めに▲4六銀から角にプレッシャーを掛けてきた場合は△4四歩~△4三銀~△4二角~△5三角から角を活用し、△4五歩を切り札にする。(図14)

△4五歩で銀を引かせたら△3五歩から桂頭を攻める。(図16)

桂頭攻めに対し▲2六飛でカバーしてきた場合は△4四銀と銀を繰り出して飛車にプレッシャーを掛ける。(結果図2)

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事では角交換四間飛車(後ほど角道オープン向かい飛車にする)に対して居飛車が持久戦を目指してきた場合の指し方を解説しました。

△4四角からの2筋逆襲が絶品でした。

やっぱり向かい飛車って怖いですね…(ちなみに私は居飛車党です)。

この角交換四間飛車の戦法は、対居飛車に限定されるところはありますが、後手番でも攻勢に回れることが大きな利点です。

ぜひ、あなたにの戦法コレクションに加えてみてください。

この記事は↑の棋書を参考に書きました。より深く知りたいあなたはぜひ読んでみてください。

Pocket