【玉頭銀は怖くない!】玉頭銀対策【居飛車vs.四間飛車】

玉頭銀とは

こんにちは、Yutaです。

この記事は振り飛車(特に四間飛車)の急戦策、玉頭銀について受け方を解説しています。

玉頭銀とは下に示す図1のように角道を開ける△3四歩を狙って銀が出てくる作戦です。

歩をかすめ取っちゃおう、というだけの作戦ですが、あわよくば2三の地点に殺到しようとしている恐ろしい作戦です。

居飛車党のあなたにこの記事でしっかり対策を身につけてもらえたらうれしいです。

この記事はこんなあなたにオススメ

相手は四間飛車か、…んん?

(図1)3四の歩を狙って銀がニョキニョキ出てくるのが玉頭銀。駒を持ったときに2三の地点に殺到する狙いもある。

銀が出てきた!どうしよう!歩が取られそう!

図1から次に▲4五銀とされると5四か7四のどちらかの歩が取られてしまいます。

こんな単純な攻めで勝てるわけないだろ!と思うのですが、無理に咎めようとすると逆に形勢を損ねてしまいます。

しかし、この記事を読んでもらえればもう安心です。

図1から後手が玉頭銀を咎める順を解説します。

後手でも使える手順ですので、先手でも応用できます。

この記事でわかること

  • 玉頭銀の出てきた銀を捕獲する方法
  • 玉頭銀に歩を取らせる代わりに速攻を仕掛ける方法

図1のような速攻の玉頭銀は無理筋です。まずは出てきた銀を捕獲する方法をみていきましょう。

玉頭銀の銀を捕獲する方法

図1からの指し手①
△5五歩、▲4五銀、△8四飛(図2)

(図2)△5五歩で銀を攻める。下がるようでは手損なので▲4五銀と出て3四の歩を狙うが、△8四飛の横利きで受かる。

なるほど、飛車の横利きで受けるのか。

後手の狙いは△3五歩~△3三桂で銀を捕獲することです。(参考図1)

(参考図1)先手がゆっくりしていると△3五歩~△3三桂で銀を捕獲することができる。

先手が参考図1を避けるには後手の飛車の横利きを止める必要があります。
よって次の手は大駒の活用も兼ねた▲6五歩が本筋です。

図2から
▲6五歩、△3二玉(図3)

(図3)後手は△3二玉と寄る。2三の地点の強化と、角交換になったときに▲7五角が王手飛車にならないようにしている意味がある。

図3から
①▲6四歩と開戦してくる変化
②▲4八玉といったん囲いに入る変化
をみていきます。

開戦の図3から▲6四歩

図3からの指し手①
▲6四歩、△同歩、▲7四銀(図4)

(図4)▲6四歩に△同飛は▲同飛で飛車を捌かせてしまうので△6四同歩と取る。先手は3四まで銀を進めることができたが次の一手で後手有利となる。

図4は先手が強引に玉頭銀を成功させようとしてきた順ですが、すでに後手有利になっています。

図4から
△5六歩(図5)

(図5)△5六歩で角を働かせながら△5七歩成を狙う。先手は居玉のため5筋を攻めが厳しい。

3四の銀が後手玉に近いのに角交換になっても大丈夫?

先手から▲2二角成で角交換されても、△同銀と取った形が2三の地点が厚くなって両取りもないので問題ありません。

じゃあ△5六歩を▲同歩と取られたら、その後どうするの?

図5から
▲5六同歩、△7七角成、▲同桂、△3三歩、▲4五銀、△8六歩(結果図1)

(結果図1)後手は角交換から△3三歩で銀を追い払う。薄い8筋を攻めて後手有利。

結果図1で▲9五角は△7四飛で問題ありません。
後手は△5七角などもあり攻め手に困りません。

居玉を避ける図3から▲4八玉

図3からの指し手②
▲ 4八玉、△3五歩、▲6四歩、▲同歩(図6)

(図6)囲いに手を入れる▲4八玉には△3五歩で銀挟みの形を作る。次に△3三桂と跳ばれるとまずいので▲6四歩で飛車の横利きを止める。

図6から
▲3八玉、△5二金右、▲2二玉、△6五歩、▲同飛、△3三桂(結果図2)

(結果図2)先手は玉型を整えるくらいだが、後手は△5二金右で6筋を厚くしてから△6五歩で飛車の横利きを通す。△3三桂で銀桂交換が確実となる。

結果図2から▲4六歩、△4五桂、▲同歩が予想されます。
後手は伸びすぎになった4五の歩を狙って動けば指しやすいです。

まとめ

  • ▲5六銀には△5五歩~△8四飛で歩取りを受ける。
  • △3五歩~△3三桂で銀の捕獲を狙う。
  • 先手が▲6四歩で強引に玉頭銀を狙ってきた場合は△3二玉で2三の地点をカバーする。
  • 角交換に問題なければ△5六歩で決戦する。

歩を取らせる代わりに速攻を仕掛ける方法

次は、歩を取らせてしまって、その間に後手も攻めてしまおうという作戦です。

図1からの指し手②
△7四歩、▲4五銀、△7五歩、▲同歩、△7二飛(図7)

(図7)先手は玉頭銀で銀が前に出てきているため角頭が弱い。後手は△7四歩~△7五歩~△7二飛で角頭を狙う。

後手は次に歩を取られてしまいますが、先手の弱点である角頭を攻めていきます。

図7から
▲3四銀、△3二玉、▲4八玉、△7五飛(図8)

(図8)先手は玉頭銀の狙い通り3四の歩を取り、後手は△3二玉で2三の地点に利きを足す。▲4八玉に△7五飛と走った手が△3五飛の狙いになっている。

後手は次に△3五飛とすれば銀を取ることができますので、先手は受ける必要があります。

図8から
▲4六歩、△5五角(図9)

(図9)先手は△3五飛に▲4五銀を用意するため▲4六歩と突く。後手は△5五角と出る。

図9で▲3八銀のような手を指すと後手有利になるので紹介します。

図9からの指し手①
▲3八銀、△3三歩、▲4五銀、△4六角、▲5六銀(図10)

(図10)後手は△3三歩で銀を追い払ってから△4六角とする。飛車の横利きで銀取りになるので▲5六銀とバックするが、ここで決め手がある。

△3三歩で銀を追い払うのが手堅く、飛車の横利きに銀が来るので△4六角が銀取りの先手になります。

図10から
△7七飛成、▲同桂、△7六歩(結果図3)

(結果図3)飛車角交換から桂頭に歩を打って後手有利。

結果図3のような攻めを防ぐために、先手は図9で▲7八金が手堅いです。

図9からの指し手②
▲7八金、△3三歩、▲4五銀、△4六角、▲5六銀 (結果図4)

(結果図4)▲7八金で7筋に備えられると△7七飛成からの攻めは難しい。互角だが後手の方が指し手がわかりやすい。

結果図4では、後手は美濃囲いを作る、△7三桂と活用するなど指し手に困りません。
先手は△5七角成を防ぎながら囲いを作るのが難しいです。

玉頭銀の受け方まとめ

  • △7四歩~△7五歩~△7二飛で角頭を狙う。
  • 先手が▲3四銀で歩を取ってきた場合、△7五飛から△3五飛で銀を取れる。
  • △5五角で角を外に出してから△3三歩で銀を追い返すのが手堅い。
  • 7筋が薄ければ△7七飛成~△7六歩を狙う。

これで玉頭銀は怖くない!

Pocket