【相振り三間飛車対策】相振りが苦手?初手▲7八飛戦法がオススメです。

相振りが苦手?7八飛戦法がオススメです。

相振り三間飛車対策

こんにちは、Yutaです。

この記事では棋書「振り飛車の新機軸!初手▲7八飛戦法」の相振り三間飛車対策について解説しています。

この記事はこんなあなたにオススメ

  • 根っからの振り飛車党だが相振りは苦手なあなた
  • 相振りで攻めのレパートリーを増やしたいあなた

狙いは相振り早繰り銀

ネタバレすると初手7八飛戦法における相振りオススメの攻め方は早繰り銀です。

相振りはお互いに玉頭が薄いため、そこを銀の力で突破しよう、という方針です。

なぜ早繰り銀か?

初手▲7八飛戦法の相振りにおいてなぜ早繰り銀がオススメなのか?

それは初手▲7八飛戦法には↓のような特徴があるからです。

▲7六歩を保留しているので、角交換を防ぐための▲6六歩を指す必要がない

仮に初手から▲7六歩、△3四歩、▲7八飛、と進むと△8八角成~△4五角(参考図1)となって、先手がちょっと不利です。

(参考図1)先手は馬作りが受からない。

参考図1を避けるためには▲7八飛の前にいったん▲6六歩として角道を止める必要がありますが、やや消極的です。

そこで、そもそもの▲7六歩を保留して初手▲7八飛とし、角交換になっても問題ないタイミングで▲7六歩とすれば、▲6六歩を指さずに駒組できます。

そして、この▲6六歩を指さないことで▲6六銀と銀を前に出すことができるのが初手▲7八飛戦法のメリットです。

では初手からの解説いってみましょう!

初手からの指し手

▲7八飛、△3四歩、▲4八玉、△3五歩(図1)

(図1)初手▲7八飛戦法vs.三間飛車の出だし。

図1から
▲5八金左、△3二飛(図2)

(図2)後手も三間飛車に決める。

図2から
▲7六歩、△5二金左、▲4六歩(図3)

(図3)先手はここで角道を開ける。後手も角交換から▲6五角の筋を消すために△5八金左。

先手は次に▲4七金で3筋交換を防ぐ予定ですが、ここで後手が3筋交換をしてきた場合としてこなかった場合をそれぞれ見てみましょう。

後手が3筋交換してきた場合

図3からの指し手①
△3六歩、▲同歩、△同飛、▲4七金、△3四飛(図4)

(図4)後手は飛車先を交換する。先手は歩を打たずに▲4七金で飛車を追い払う。

図4から
▲2二角成、△同銀、▲6八銀(図5)

(図5)先手から角交換し▲6八銀。銀を繰り出す準備をする。

先手は早繰り銀を狙いにしますので、角が8八にいるとやりにくです。このタイミングで交換しましょう。

図5から
△6二玉、▲8八飛(図6)

(図6)後手は飛車と反対側に玉を動かす。先手は早繰り銀のため飛車を8筋に振り直す。

図6から
△7二玉、▲8六歩、△8二銀、▲8五歩、△6二金上、▲7七銀(図7)

(図7)後手は金無双。先手は8筋を伸ばして攻撃態勢を作る。

図7から
△2四歩、▲5六角(図8)

(図8)後手は2筋を攻めるため△2四歩、先手は飛車に当てる▲5六角。

このタイミングだと後手は飛車を縦に逃げるしかありません。

横に逃げると7七の銀に追いかけられるね。

縦に動けば横利きがなくなって攻めやすくなるな。

図8から
△3二飛、▲6六銀、△6四歩、▲7五銀、△6三金左(図9)

(図9)先手は銀を繰り出す。後手は攻めに備えて上部を厚くする。

飛車、角、銀が8筋に集中してきて迫力があるな。

まずはここからすぐに▲8四歩と攻めた場合を見てみましょう。

すぐに▲8四歩はうまくいかない

図9からの指し手①
▲8四歩、△同歩、▲同銀、△7四歩(図10)

(図10)先手は▲8四歩から攻める。後手は▲8四同銀に対し△7四歩で角の利きを止める。

△7四歩で角を止めることができるのも△6三金で上部を厚くした効果です。

図10から
▲8三歩、△7一銀、▲7五歩、△4四角(結果図1)

(結果図1)先手は▲8三歩で追撃するが届かない。△4四角で飛車を狙われ失敗。

飛車のコビンは早繰り銀の弱点だな…。

▲9八飛とかわすようでは攻めは失敗です。次はいったん▲6六歩とする順を見てみましょう。

攻める前に▲6四歩

図9からの指し手②
▲6四歩、△5四歩、▲8四歩、△同歩(図11)

(図11)先手はいったん▲6六歩で飛車のコビンをケアする。後手は角にプレッシャーをかける▲5四歩。

▲6六歩は飛車のコビンをケアしつつ、角の退路を作り、6筋の攻めも狙う価値の高い手だな。

ここで▲8四同銀でも先手まずまずですが、もっと良い手があります。

図11から
▲8三歩、△7一銀、▲8四飛、△5三金上(図12)

(図12)▲8三歩が手筋。△同銀では▲8四銀で突破されてしまうので△7一銀とかわすが、▲8四飛で攻めが繋がる。

後手も△5三金上で6四の地点を強化して徹底防戦だな。

ここでさきほどの▲6四歩が光ります。

図12から
▲6五歩、△同歩、▲6四歩、△6二金、▲7七桂(結果図2)

(結果図2)▲6五歩から6筋を絡めて先手有利。

次に▲6五桂が入れば後手潰れだな。

次は図3から後手が3筋を交換してこない場合を見てみましょう。

後手が3筋交換を見送った場合

図3からの指し手②
△6二玉、▲4七金、△7二銀(図13)

(図13)後手は3筋交換を見送り駒組に入る。先手は▲4七金で3筋を守る。

む、8二の地点にスキがあるぞ!

▲2二角成~▲8二角、と打ち込むスキがあるように見えますが、これは罠です。

相三間飛車でよくあるハメ手

参考までに、図13から▲2二角成、△同銀、▲8二角(図14)とすると…

(図14)先手は角交換から▲8二角で一本取ったようだが…。

図14から
△6九角、▲8八飛、△4七角成、▲同玉、△9二金(参考図2)

(参考図2)自陣を乱された上に角が捕獲され先手不利。

8二へ打った角は金や飛車が持ち駒にあると詰まされてしまうので注意しましょう。

高美濃囲いの後、早繰り銀へ

図13から
▲3八玉、△7一玉、▲2八玉、△2四歩、▲3八銀(図15)

(図15)先手は高美濃囲いを完成させる。後手は2筋から動く準備をする。

素早く組めて上部にも厚い高美濃囲いがオススメです。

図15から
△2五歩、▲8六歩、△3四飛、▲8五歩、△2四飛(図16)

(図16)先手の飛車は7筋だが、後に▲8八飛とする予定のため8筋を伸ばす。

図16から
▲6八銀、△2六歩、▲同歩、△同飛、▲2七歩、△2四飛(図17)

(図17)後手は2筋を交換。先手はいよいよ銀を繰り出す準備をする。

後手は2筋を交換できましたが、続く早い攻めはありません。

図17から
▲7七銀、△4二銀、▲6六銀、△8二玉、▲7五銀、△3三角(図18)

(図18)先手は銀を繰り出す。

手損になるのでお互いに自分から角交換しにくい場面だな。

ここまで準備が整えば先手から角交換してしまいましょう。

図18から
▲3三同角成、△同銀、▲8八飛、△3四銀、▲5六角(結果図3)

(結果図3)先手は角交換から▲8八飛、さらに8三を睨む角を設置。後手は急所を攻められ受けづらい。

ここでも▲5六角が攻撃力を高める一手なんだな。

あれ、▲8八飛の後△7四歩で銀を追い返されたらどうするの?

参考までに△7四歩に対する指し方を見ておきましょう。

(参考)▲8八飛で△7四歩とした場合
▲8八飛、△7四歩、▲6六銀、△7三銀、▲7五歩(参考図3)

(参考図3)△7四歩で銀を下がるしかないが、▲7五歩から攻められる。

△7四歩には銀をバックするしかありませんが、後手は上部が薄い状態ですのですぐに▲7五歩から攻めればOKです。

▲7八飛戦法vs.三間飛車まとめ

お疲れ様です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

以下にポイントをまとめます。

後手が3筋交換してきたときのポイント

先手は持ち歩を温存して▲4七金で飛車を追い払う(図4)

角交換から飛車を8筋に振り直し早繰り銀を狙う(図7)

▲5六角と▲6六歩で攻めの準備(図11)

持ち歩を活かして▲8四歩~▲8三歩(図12)

後手が3筋交換してこなかったときのポイント

先手は高美濃囲いに構える(図15)

8筋を伸ばしておき、銀を繰り出す(図18)

角交換から飛車を8筋に振り直し、5六角を設置する(結果図3)

△7四歩で銀を追われた場合は▲7五歩から反発する(参考図3)

いかがでしたでしょうか。

方針がわかりやすいので、「相振りでなにやっていいかわからん!」と思っているあなたにぜひ試してもらいたいです。

初手▲7八飛戦法は居飛車にも振り飛車にも対応できるので、かなりコスパのよい戦法と言えます。

あなたの戦法コレクションにぜひどうぞ~。

Pocket