【相掛かり対策】耀龍ひねり飛車の狙い筋【シンプルな攻め方を解説します】

耀龍ひねり飛車とは

こんにちは、Yutaです。

この記事では、相掛かり先手番での作戦、耀龍(ようりゅう)ひねり飛車について、組んだあとの攻め方について解説します。

相掛かりで得意戦法がほしいなぁ、と考えているあなたにオススメです。

「耀龍ひねり飛車」という言葉について説明しますと、語源は棋書「大橋貴洸の新研究 耀龍ひねり飛車」からきております。

通常のひねり飛車は右辺の金銀が▲7八金・7九銀型なのに対し、耀龍ひねり飛車は▲6九金・7八銀型であることが特徴です。

具体的な図を↓に示します。

耀龍ひねり飛車の特徴
(参考図1)左が▲7八銀、6一金型の耀龍ひねり飛車、右が普通のひねり飛車。

耀龍ひねり飛車のメリット

参考図1左のような▲6九金・7八銀型の耀龍ひねり飛車には2つのメリットがあります。

①飛車交換に強い

耀龍ひねり飛車は一段目に金がいるため駒を打ち込まれる場所がほとんどありません。

この特徴を利用して、先手から飛車交換を挑んでいく攻めが成立します。(参考図2)

(参考図2)飛車交換になったとき、耀龍ひねり飛車は打ち込まれるスキが少ない。

有利な陣形から駒を捌いて勝つ、振り飛車の感覚に近いものがあります。

相手の陣形を見て、飛車交換になったときに有利なタイミングで交換を挑みましょう。

②駒組で手得できる

持久戦になった場合、左辺の金銀は▲5八金・6七銀と中央に寄せていくことになります。(参考図3)

(参考図3)耀龍ひねり飛車は駒組を進める際、スムーズに ▲5八金・6七銀 ができる。

この位置まで金銀を動かすには、通常のひねり飛車では4手掛かります。

一方、耀龍ひねり飛車はたったの2手で済みます

金銀の位置が違うだけで普通のひねり飛車に比べてこんなにメリットがあるのか!

耀龍ひねり飛車の狙い筋

続いて、耀龍ひねり飛車の攻め筋を解説します。

この記事では以下の2つの仕掛けパターンを紹介します。

飛車交換を挑む▲8六歩

石田流の攻め筋▲6五歩

両方とも、攻め駒を捌いていく仕掛けになります。

自陣と相手陣の陣形差を見極めながらタイミングよく仕掛けていけばOKです。

攻め筋①:飛車交換を挑む▲8六歩

まずは飛車交換を挑む攻め筋からみてみましょう。↓の図1から▲8六歩と仕掛けます。

(図1)耀龍ひねり飛車が組み上がって、後手が△5八金とした局面。

後手の駒組は7筋の歩交換に備えた△6三銀型で、ひねり飛車に対しては定番の形です。

図1から
▲8六歩、△同歩、▲同飛(図2)

(図2)狙いの飛車交換を挑む。

図2からの指し手①
△同飛、▲同角(結果図1)

(結果図1)後手が飛車交換に応じた例。飛車を打ち込むスキは後手の方が多い。

結果図1から後手は△8二飛と自陣飛車で抵抗するくらいですが、▲8五歩と抑えて先手が指しやすいです。

飛車交換を拒否されたら?

飛車交換をしてくれないときはどうするの?

後手が飛車交換を拒否してきた場合をみてみましょう。

図2からの指し手②
△8五歩、▲7六飛(図3)

(図3)後手が飛車交換を拒否してきた場合。

あれ?△8五歩は▲同飛と取っていいんじゃ?

後手の角の利きが通っているので▲同飛、△同飛、▲同桂は△9九角成で先手不利です。

あ、ホントだ。

逆に言えば、角道が閉じていれば後手は飛車交換拒否を△8四歩で受けてきます。
▲8六歩の仕掛けはそのタイミングの方が得です。

図3から
△9四歩、▲5八金左、△1四歩、▲6六歩、△4四歩、▲6七銀(図4)

(図4)駒組に移る。耀龍ひねり飛車はスムーズに▲5八金・6七銀に組める。

図4の形にスムーズに組めるのも耀龍ひねり飛車のメリットです。

図4から
△4三銀、▲5六銀、△1五歩(図5)

(図5)後手は雁木。先手は▲5六銀型にして▲6五歩を狙う。

先手は2枚歩をもっているので、1枚は▲2七と打って傷を消すのもオススメです。

攻め筋②:石田流の攻め筋▲6五歩

図5から
▲6五歩、△同歩、▲6四歩(図6)

(図6)先手は▲6五歩から仕掛ける。

▲6五歩から石田流のように攻めます。
▲6四歩がひねり飛車ならではの手筋です。

どうゆうこと?

通常の対抗型からでは持ち歩がありません。
歩を持った状態で石田流に組めるひねり飛車だから打てる歩です。

▲6四歩に対して
①△同銀
②△5四銀右
をみてみましょう。

図6から△同銀の変化

図6からの指し手①
△同銀、▲7四歩、△6三金(図7)

(図7)△同銀には▲7四歩が角の利きで銀取りになる。後手は△6三金で銀を守るが…。

図7から
▲7三歩成、△同銀、▲6五桂(結果図2)

(結果図2)▲6五桂が銀取りと5三の地点への殺到をみて先手有利。

結果図2から△6二銀は▲6四歩が痛いな。

▲7三歩成を△同金とした場合は、▲6四角、△同金、▲7一飛成で先手有利です。(参考図4)

(参考図4)角銀交換から龍を作って先手有利。

図6から△6四銀の変化

続いて▲6四歩を△5四銀とかわす変化です。

図6からの指し手②
△5四銀(図8)

(図8)▲6四歩を△5四銀とかわした局面。

△5四銀とかわされた場合はこちらの銀をぶつけていきます。

図8から
▲7四歩、△同歩、▲6五銀(図9)

(図9)先手は7筋を突き捨ててから▲6五銀

▲6五銀を△同銀は▲同桂で先手好調なので△4五歩と角道を開けます。

図9から
△4五歩、▲7四銀(結果図3)

(結果図3)先手は7筋を突破。▲6三歩成など攻め筋が多い。

結果図3はまだ互角ですが先手に楽しみが多い局面です。

耀龍ひねり飛車の攻め筋まとめ

  • 相手の陣形をみて▲8六歩から飛車交換を挑む。(図2)
  • 持ち歩を活かして▲6五歩~▲6四歩から攻める。(図6)
  • ▲6四歩を△同銀は▲7四歩が銀取りになる。(図7)
  • ▲6四歩を△5四銀は▲7四歩~6五銀で駒をぶつけていく。(図9)

耀龍ひねり飛車の攻め筋を2つほど紹介させてもらいました。

この戦法のいいところは相手の陣形をみて、好きなタイミングで仕掛けらるところです。

仕掛けるのに自信がないときは高美濃に組み替えるなど指し手に困らないことも魅力です。

また、私の実戦の話ですが戦型が相掛かりということで、後手はけっこう中住まいや△4二玉型にすることも多いです。

こうなると6筋から攻めたときのあたりが強く簡単に勝てます。

普段、居飛車を指しているとなかなか味わえない勝ち方ができて面白いです。

ぜひ耀龍ひねり飛車をあなたの得意戦法に加えてもらってこの戦法の楽しさを感じてもらえるとうれしいです。

本の内容には、耀龍ひねり飛車に組む前段階からの攻め筋や、持久戦での戦い方、後手がひねり飛車に組ませないように動いてきたときの指し方が載っています。

そんな指し方があるのか!と驚く内容ばかりです。

これを読めば必ず将棋の幅が広がります。

Pocket