【角交換四間飛車の新常識】2筋の受け方が優秀すぎるのでまとめてみた

角交換四間飛車の新常識 △3三角から角交換されたときの対応

こんにちは、Yutaです。

この記事では、棋書「角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型」で紹介されている2筋の受け方について解説します。

具体的には↓のような局面です。

(テーマ図)後手の△3三角を▲同角成、△同桂となった局面。先手からは▲2四歩があるが…。

ここで▲2四歩から2筋を突破!なんてのはいかにも罠ですよね。

しかし振り飛車側も正確な指し回しが要求されますので、しっかりと変化を覚えておく必要があります。

この記事では、テーマ図から先手が▲2四歩としてきたときの後手の正しい対応を解説します。

この記事はこんなあなたにオススメ

2筋が空いているとすぐに▲2四歩と突きたくなってしまう居飛車党のあなた

↑は私です…。居飛車が悪くなるので飛び込まないようにしましょう。

角交換四間飛車を採用しているけど定跡がうろ覚えのあなた

△3三角と上がらないタイプの角交換四間飛車(一手損角換わりする指し方)を指しているあなた

初手から角道を開けてもらえず▲2六歩~2五歩で困りますよね。 「角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型」 でもっと自由に角交換四間飛車を指せるようになれますよ。

初手から角交換(テーマ図)まで

まずは初手からテーマ図までの進行をみていきましょう。

初手から
▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△4二飛(図1)

(図1)後手は角交換四間飛車の作戦を明示。

図1から
▲4八銀、△6二玉、▲6八玉、△7二玉、▲7八玉、△8二玉(図2)

(図2)玉を囲い合う。

ちなみに、▲6八玉のタイミングで△2二角成とするのが従来の角交換四間飛車でした。

一手損になるけど、あらかじめ角を捌いておく指し方だな。

図2から
▲2五歩、△3三角(図3)

(図3)▲2五歩に対して△3三角とする。▲同角成で形が悪そうだが…。

角交換やってこい!の姿勢ですね。

図3から
▲同角成、△同桂(テーマ図)

(テーマ図)

ここで▲2四歩で先手がよくなるようでは後手の作戦は成立しません。ここからの変化を解説します。

▲2四歩の受け方

テーマ図から
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2二飛(図4)

(図4)2筋交換には△2二飛が用意の一手。

飛車ぶつけか、あるあるだな。

△2二飛を▲同飛、△同銀は陣形にスキが少ない後手が指しやすいです。(参考図1)

(参考図1)後手陣にスキが少ない。

改めて図4からの指し手です。

図4から
▲2三歩、△2一飛 (図5)

(図5)先手は飛車交換したくないので▲2三歩、後手は△2一飛と逃げる。

次に△3二金と上がられると2三の歩が取られてしまうので先手は▲2二角と打ちます。

図5から
▲2二角、△4四角(図6)

(図6)△4四角が攻防の角になる。

▲1一角成は大丈夫なの?

▲1一角成から攻め合う変化をみてみましょう。

受けずに▲1一角成の変化

図6からの指し手①
▲1一角成、△同飛、▲2二歩成(図7)

(図7)先手が△9九角成を受けずに攻め合う変化。

図7から
△9九角成、▲8八銀、△同馬、▲同玉、△4五桂(結果図1)

(結果図1)△4五桂と跳ねた手が次に△3三角の狙いになる。

結果図1からは▲2三飛成、△4四角、▲7七角、△2二銀が予想で、やや後手よしです。

いったん受ける▲8八銀の変化

図6からの指し手②
▲8八銀(図8)

(図8)いったん△9九角成を受ける変化。

図8から
△3二金、▲3一角成、△同金(図9)

(図9)後手は△3二金で先手の攻めを急がせる。

ちなみに、図9から▲2二銀には△4五桂が激痛です。(参考図2)

(参考図2)2二の銀が動くと△3三角打が決まるので後手有利。

改めて図9からです!

図9から
▲2二歩成、△同金、▲3二銀(図10)

(図9)歩を成捨てて▲3二銀が狙いの一手。

お、これは先手が一本取ったんじゃないか?

受からない攻めは受けずに攻め合いましょう。

図9から
△3五角打(図10)

(図10)後手は飛車取りに角を打つ。

ここで▲2八飛と飛車を逃げても△2七歩~2六歩の連打があります。

図10から
▲2一銀成、△2四角、▲2二成銀、△4五桂(図11)

(図11)飛車を取り合う。△4五桂が2二の銀取りと5三の地点への殺到の両狙い。

△4四角と打ってあることで△4五桂が切り札になるんだな。

図11から
▲2一飛、△7二金、▲1一成銀、△5七桂不成(結果図2)

(結果図2)△5七桂不成が厳しく後手有利。

先手は2四の角を取ることができますが、それ以上に△6一桂成が厳しいです。

4四の角がよく利いているなぁ。

角交換四間飛車の新常識、2筋の受け方まとめ

  • △3三角、▲同角成、△同桂で▲2四歩は振り飛車が良くなる変化が多い。
  • △2二飛で飛車をぶつけ、▲2三歩で交換を拒否されたら△2一飛と引く。(図5)
  • ▲2二角には△4四角と攻防の角を打つ。(図6)
  • 4五桂が切り札になるタイミングが多いので狙っていく。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今回は棋書「角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型 」を参考に記事を書きました。

私は居飛車党なんですが、この角道を閉じずに△3三角とする振り飛車が大の苦手です。

△4四歩としてくれていればいつもの対抗型なんですが、角が向かい合ったままお互い角交換しない緊張感に耐えられません。

その対策にと思って本を買ったのですが、なるほど振り飛車党の皆さんはこんなことを考えているのか…。とすごく勉強させてもらいました。

この△3三角型のいいところは、角交換から▲2四歩が大丈夫ということと、

△4四歩を突いていないので後に△4四角と活用できること、のようです。

この△4四角というのは居飛車が角道を閉じて穴熊を目指してきたときに有効な作戦、と本には載っております。

居飛車が角道を閉じてもダメとか…、じゃあどうすればいいんだ/(^o^)\

本を読んだことで逆に困ってしまいました。

振り飛車党の皆さん、どうかノーマル四間飛車を指し続けてください。

Pocket