【定跡】対後手ゴキゲン中飛車序盤の注意点【▲2四歩は無理】

後手ゴキゲン中飛車定跡

こんにちは、Yutaです。

この記事は対後手ゴキゲン中飛車の序盤の注意点についてです。

下図のゴキゲン中飛車基本図に至るまでの変化について解説しています。

居飛車党でゴキゲン中飛車をよくわからないあなた、後手でも角道を開けて戦いたい中飛車党のあなたにオススメです。

(ゴキゲン中飛車基本図)5筋の位で角道を止めているのがゴキゲン中飛車。

この記事でわかること

  • ゴキゲン中飛車の特徴
  • ゴキゲン中飛車基本図に至るまでの居飛車の仕掛けが無理筋であること
  • 簡単なゴキゲン中飛車封じ

ゴキゲン中飛車の特徴

今回は先手居飛車vs.後手ゴキゲン中飛車についてです。
上図の基本図まで居飛車が▲2四歩と仕掛けることができそうですが無理筋です、という内容です。

そもそもゴキゲン中飛車って何?

下の基本図と参考図を比べてみるとわかりやすいです。

(左:ゴキゲン中飛車基本図、右:参考図、△4四歩で角道を止めてからの中飛車)
ゴキゲン中飛車は5五の歩で角道を止めているため△5六歩で飛車角を一気に捌くことができる。
△4四歩で角道を止めてしまうと居飛車も▲5六歩で位取りを拒否しやすい。

ゴキゲン中飛車は5五の歩で角道を止めているから△5六歩で一気に大駒を働かせることができます。
△4四歩を指していないから角の動きも自由度が高いことがポイントです。

いいことばっかり。

しかしこのゴキゲン中飛車、基本図までなかなか危うい順で至っています。
特徴として、しばらく△3三角で2筋を受けないことが挙げられます。
もしその間に居飛車が▲2四歩と仕掛けたら?を見ていきましょう。

先手居飛車vs.後手ゴキゲン中飛車 初手からの指し手

初手からの指し手
▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△5四歩(図1)

(図1)ゴキゲン中飛車の出だし。ここで▲2二角成~▲5三角で馬を作ろうとするのは△4二角で無効。2六の歩が邪魔で右辺に角が動かせない。

図1から
▲2五歩、△5二飛(図2)

(図2)▲2五歩に2筋は受けずに△5二飛。ここで▲2四歩と突くと…。

あ、2筋を受けない。これは一本取ったぞ。▲2四歩!

図2から①
▲2四歩、△同歩、▲同飛、△8八角成、▲同銀、△2二銀(図3)

(図3)2筋突破には角を捌いて△2二銀と受ける。先手は次の△3五角を受ける必要がある。 △2二銀の他に△3三角の飛車銀両取りもあるが▲2八飛で受かる。以下、△2六歩の垂らしは△7七桂と跳ねて問題ない。

図3から
▲2八飛、△2七歩(結果図1)

(結果図1)△2七歩を▲同飛は△4五角があるため取れない。△3三銀~△2二飛で2筋を逆襲される筋があるため居飛車不満の展開。

あらら…

改めて図2から見てみましょう。

図2から②
▲4八銀、△5五歩(図4)

(図4)2筋は受けず5筋の位を取る。

角道が止まっているぞ。ここで▲2四歩は…?

図4から①
▲2四歩、△同歩、▲同飛、 △5六歩(図5)

(図5)飛車先突破には△5六歩で角道を開けながら5筋を攻める。ここで▲2二角成りは△同飛と飛車をぶつけられて飛車交換は居飛車不利。

ゴキゲン中飛車の切り札△5六歩、これで飛車角が一気に働きます。

図5から
▲同歩、 △8八角成、▲同銀 、△3三角(図6)

(図6)飛車銀の両取り。受からないので▲2九飛成、△8八角成と進むしかない。

図6から
▲2九飛成、△8八角成、▲5五桂(図7)

(図7)▲5五桂は後手の飛車、馬の利きを遮断しながらの攻防手。ここで後手が迂闊な手を指すと…

この後、仮に後手が△9九馬と香車を取るようなことをすると、▲3三角、△6二玉、▲6三桂成、△同玉、▲1一角成(参考図)で馬が抜くことができます。
後手をもったときは注意しましょう。

(参考図)▲3三角の王手からどう受けても桂馬で王手することができ、馬を取れる。

図7から
△6二玉、▲1一竜、△8九馬(結果図2)

(結果図2)▲7七角の王手を先受け。小駒を取り合い互角だが▲4八銀の壁形が悪く居飛車不満。

簡単に居飛車がよくなることはないんだなぁ。

というわけで図4に戻って、ゴキゲン中飛車基本図に合流します。

図4から②
▲6八玉、△3三角(ゴキゲン中飛車基本図)

(ゴキゲン中飛車基本図)ここから先手は攻めるなら▲3六歩、守るなら▲5八金右または▲7八玉と進める。

簡単なゴキゲン中飛車封じ

どうしてもゴキゲン中飛車が苦手だ、という居飛車党のあなたには初手から▲2六歩、△3四歩、▲2五歩、△3三角、▲7六歩と指すのがオススメです。(参考図)

(参考図)角道を開けずに▲2五歩を決めることで△3三角を強要させ、その後で▲7六歩とする。後手は△4四歩とするとゴキゲン中飛車にならないし、△4二銀、▲3三角成、△同銀と進めば角交換の将棋となる。

まとめ、対後手ゴキゲン中飛車序盤のポイント

  • 2筋に隙がありそうでも角が向かい合った状態、後手が△5六歩と突ける状態では無理に攻めない
  • 後手にゴキゲン中飛車をさせたくない場合は、初手から▲2六歩~▲2五歩で△3三角を強要する
Pocket