【安全に玉を深く囲える】四間飛車対策、銀冠穴熊のススメ

四間飛車には銀冠穴熊で堅く囲う

こんにちは、Yutaです。

この記事では、居飛車 vs. 四間飛車における居飛車の有力な作戦として、銀冠穴熊を紹介します。

この記事はこんなあなたにオススメ

  • 対四間飛車を苦手にしているあなた
  • 対四間飛車で、角道を開けたまま固い囲いを作りたいと思っているあなた
  • 銀冠、銀冠穴熊が好きなあなた

この記事でわかること

  • 対四間飛車で角道を開けたまま銀冠穴熊に組む手順

四間飛車は強いなぁ、穴熊にしようと王様を8八に動かしたら桂馬が跳んできて…。
あっという間に負けちゃったよ。(参考図1)

穴熊あるあるですね。

(参考図1)穴熊を目指した居飛車に対して、四間飛車側が角筋を活かして△6五歩と突いた局面。▲5五歩で角道を止め、△同角なら▲5六銀として、角が逃げたら▲6五銀で歩を取れる。受け間違えなければ居飛車充分。

参考図1を見てください。穴熊を指すならよくある局面だと思います。

まだまだ互角ですが、一方的に攻められてあまりいい気分じゃありませんよね。

参考図1のような角と桂馬の攻めが成立する理由は以下です。

居飛車が▲6六歩で角道を止めているため、角交換の心配がない。

よって四間飛車は△4五歩で角道を開けて、角を使うことができる。

角を自由に使えている方が主導権を握りやすいのは当然です。

居飛車が角道を止めずに駒組をすれば、四間飛車も参考図1の攻めはできません。

でも、居飛車が玉を深く囲うには角を7七に動かさないといけないだろ?
4筋を守るために右銀は5七にいるから、△6五桂が両取りになるぞ。(参考図2)

(参考図2)△6五桂で角と銀の両取り…。居飛車は▲6六歩と突いておく必要がある。

参考図2のような両取りを防ぐために▲6六歩を突く、というのが常識ですが、これから紹介する手順で駒組を進めれば角道を開けたまま玉を深く銀冠穴熊に囲うことができます。

銀冠穴熊、駒組のポイント

  • ▲6八玉~▲7八銀~▲7九玉で左美濃にする
  • ▲8六歩~▲8七銀~▲7八金で銀冠の骨格を作る
  • ▲6六角と出て玉が入城できるようにする

銀冠穴熊、駒組の手順

初手からの指し手
▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△4四歩、▲2五歩、△3三角(図1)

(図1)よくある居飛車vs.四間飛車の出だし。

図1から
▲5六歩、△3二銀、▲6八玉、△7二銀、▲5七銀、△9四歩、▲9六歩(図2)

(図2)銀冠穴熊は端に強いため9筋の端歩は受ける。将来の△9五桂なども消していて価値が高い。

まずは左美濃

図2から
△6二玉、▲7八銀、△7一玉、▲7九玉(図3)

(図3)先手は ▲7八銀~▲7九玉で 左美濃に囲う。

まず左美濃にする、と。

角交換に備えた駒組

細かいポイントですが、後手が△3二銀型で待機しているときは▲5八金右を保留することをオススメします。

どうして?

理由は△4五歩で角交換を挑まれる変化を警戒しているからです。△3二銀型は角交換になったときに△3三銀で形よく2筋を守ることができます。(参考図3)

(参考図3)△3二銀型は角交換になった際に△3三銀で2筋を守れるため△4五歩と突きやすい。

角交換の将棋になったとき、先手は参考図4のように▲4八金型のバランスのよい形にしたいので、▲5八金右は保留しています。

(参考図4)▲4二金、2九飛型が角交換に強いバランスのよい構え。

銀冠の骨格を作る

図3から
△4三銀、▲5八金右、△5二金左、▲8六歩、△8二玉、▲8七銀、△ 6四歩 、▲7八金(図4)

(図4)先手は角の動きを保留したまま ▲8六歩~▲8七銀~▲7八金で銀冠の骨格を作っておく。

次に銀冠の形を作っておく、と。

▲6六角と出る

図4から
△6三金、▲6六角、△7四歩、▲8八玉(図5)

(図5) 玉を入城させるために角を6六に動かす。▲8八玉で銀冠完成。

なるほど、▲6六角なら△6五桂が両取りにならないのか。△6五歩と突かれても▲7七角でもう△6五桂はない、と。

図5から
△7三桂、▲9八香、△8四歩、▲9九玉、△8三銀、▲6八金右、△7二金、▲8八金、△5四銀、▲7八金右(結果図)

(結果図)銀冠穴熊完成。ここから△6五銀、▲7七角、△5四銀で千日手を狙われるのは▲5五歩と突いて問題なし。

おお!ガチガチの銀冠穴熊ができた!
ここからの攻め方は?

銀冠穴熊に組んでからの指し方はこちらです。↓

【必修手筋】対四間飛車、居飛車からの仕掛けまとめ【銀冠穴熊に組んでから】

この記事は、増田康宏六段の「堅陣で圧勝!対振り銀冠穴熊」を参考に書きました。

タイトルの通り、組み上がってしまえば居飛車が相当勝ちやすいです。

棋書の中では振り飛車から動いてきた場合の指し方について詳細が書かれています。

これを読んだ上で実戦を重ねれば高段者相手にも序盤作戦勝ちが狙えます。

堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,663から
(2019/7/10 14:20時点)

Pocket