「角」の動き方、使い方を覚えよう

この記事はこんなあなたにオススメ

  • 将棋をこれから覚える、または覚えたてのあなた
  • 角の使い方がよくわからないと思っているあなた
  • 角交換が怖いと思っているあなた

こんにちは、ニフ太郎です。

この記事では、「角」の動き方から上手な使い方までを紹介します。

将棋を始めてしばらくは角交換になって相手に角を持たれると、どこかに打ち込まれるんじゃないかとソワソワしていました。

自陣の角と敵陣の角は初期配置でお互いに向き合っているため、角道を開けると「角交換」ができます。

そのため、角は最も持ち駒になりやすい駒です。

角の使い方を覚えることで戦法の幅が大きく広がります。

この記事が少しでもあなたの役に立てればうれしいです。

この記事でわかること

  • 角・馬の動き方
  • 角の上手な使い方
  • 角の弱点・注意点

角・馬の動き方

(図1) 角は 斜め前方・後方 に制限なく動くことができる。成駒の馬になると、従来の動きに加えて前後左右に1マス動かせる。

角は斜めには制限なく動くことができる強力な駒ですが、前に進むことができない弱点があります。

前に進めないとどんな弱点があるの?

前に進めない駒は、その駒の前の地点を狙う攻めに弱いのが弱点です。

図2を見てください。

(図2)後手の角頭を攻める▲3五歩、この歩を△同歩と取ってしまうと▲同銀で先手の銀が進出してくる。

図2は先手が銀と歩で後手の角を攻めている局面です。

3三や7七にいる角を攻めるのは、相手の弱点を攻める意味で理に適っています。

この歩を△同歩と取ってしまうと、▲同銀で先手の銀が前に進んでしまうため△4三銀で角の前を守ってあげる必要があります。(図3)

(図3)3四の地点をカバーする△4三銀。▲3四歩と突きこされても△同銀と取り返せる。

図3で先手は▲3八飛と3四の地点に利きを足すのが好手になります。

以下△3五歩、▲同銀と進んだ図4を見てください。

(図4)先手の方が3四に利きが多く、先手は次に▲3四歩で拠点を作ることができる。

3四の地点の勢力は、先手が銀と飛車、後手が銀のみとなっています。

ここで仮に後手が△3四歩と打っても、▲同銀、△同銀、▲同飛で後手が歩損することになってしまいます。

なので、先手はこの後▲3四歩と打って後手玉の近くに拠点を作ることができます。

「拠点」については「歩の使い方」で説明します。
少々お待ちください。

このように、角の頭を攻めることで将棋を有利に進めていけるため、角が負担にならないよう気を付ける必要があります。

ちなみに、角や桂馬のように前に動けない駒を「頭の丸い駒」といいます。

角の前の地点「角頭」を攻めるのは大事な攻めの方針の一つです。

角は強い駒だけど、攻めの対象にもされてしまうのか。

角の上手な使い方

▲7七角(△3三角)で飛車先を受ける

相手が一直線に飛車先の歩を伸ばしてきた場合、飛車先の歩交換を防ぐことができるのは角だけです。(図5)

(図5)先手が飛車先の歩を伸ばして2筋を攻めようとしている。飛車先の歩交換を防ぐには△3四歩~△3三角とする必要がある。

図5では2四の地点がお互いに2枚の駒が利いているので先手はこれ以上すぐには攻められません。

角を交換する

角は攻めの対象になりやすいことを説明しましたが、角を持ち駒にしてしまえば、この問題は解決します。

角交換の将棋を覚えることで指せる戦法の幅が大きく広がります。

相手も角を持っていたらどこかに打ち込まれそうで怖い!

お互いに角を持っているときは図6、7のような隙を作らないように注意してください。

(図6)△7二銀と上がってしまったために▲8八角と打ち込まれてしまった。桂馬の前の地点は銀しか守っていない場合が多いので注意が必要。
(図7)▲5六歩と突いてしまったため△3九角と飛車取りと馬作りに角を打たれてしまった。5筋の歩を突くと飛車取りに打った角の退路ができるため注意。

将棋の格言に「角交換に5筋の歩は突くな」というものがあります。

5筋の歩を突く際は△3九や▲7一角に気を付けてください。

角を引いて使う

角交換の将棋を避けたい、角道を開けたくないときに角を使う方法として「角を引いて使う」があります。

(図8)▲7九角と引いて使うことで2筋に利きを足すことができる。角を引いて使うことで角道を開ける▲7六歩が必要なくなる。

図8のように角を引いて使うことで、本来角を活用するために必要な▲7六歩を指さずに済んでいます。

▲7六歩を指さないことで先手陣の隙が少なくなっています。

Pocket