【右玉に組ませない!】角換わり右玉対策、いきなり▲4五桂②

前回のおさらい

こんにちは、Yutaです。

この記事は、相手が右玉に組む前に▲4五桂と跳ねて攻め潰してしまおう、という作戦について解説しています。

右玉にお困りのあなたに読んでもらえるとうれしいです。

角換わり戦で後手が右玉を含みにした駒組をした場合、下のテーマ図のような局面になりやすいです。

この記事では▲4五桂に△4二銀とかわしたときの変化について解説します。

(テーマ図)右玉模様の後手に対して先手が▲4五桂と跳ねた局面。前回はここから△2二銀とかわしたときの変化を解説。

前回の記事(▲4五桂に△2二銀)はこちら

▲4五桂に△4四銀はこちら

今回は▲4五桂に対して△4二銀とかわされたときの変化を解説します。

▲4五桂に△4二銀の変化

テーマ図からの指し手②
△4二銀(図1)

(図1)右玉模様の後手に対し▲4五桂と跳ね、△4二銀とかわされた局面。5三に利きが足されるので▲7一角は無効。

この場合は5三が厚いので▲7一角は無効です。
△4二銀には香取りに打つ▲6六角から攻めます。

図1から
▲6六角(図2)

(図2)香取りと△4四歩に対して▲同角を用意した好位置の角。

後手の受け方として3三桂をみていきましょう。

図2から
△3三桂、▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩、▲3四飛(図3)

(図3)先手は2筋で歩交換をして△2三歩に▲3四飛と横歩を取る。3二の金が浮いているため3三の桂馬は動けない。

先手は次に▲3三桂成から殺到すれば勝てそう。

後手の受けとして
①△4四角
②△4四歩
をみてみましょう。

▲3四飛に△4四角の変化

図3から①
△4四角(図4)

(図4)角を合わせて3三を受ける。後手から厳しい攻めがあるわけでもないので、先手は▲7九玉など自陣整備をしてもよい。

ここで▲4四同飛、△同歩、▲同角として、次に▲7一角を狙うのは△6二玉と上がられて上手くいきません。

図4から
▲2四歩、△8一飛、▲9五歩(図5)

(図5)▲2四歩と打ち、△同歩なら▲同飛、△2三歩、▲2八飛と戻って先手充分。▲9五歩は7七に桂馬を跳ねているため端が薄くなっていること、6六の角が端に利いていることを活かした端攻め。

ちなみに、△8一飛に換えて△6二玉とすると▲4四飛、△同歩、▲4一角が決まります。(参考図1)

(参考図1)▲2四歩と連動した角打ち。角が質駒になっているのでこういった筋を常に狙いたい。

▲2四歩は△同歩と取ってくれないと持ち歩が減ってしまうだけなんじゃ…?

後に▲2三歩成、△同金とさせて、左辺では▲7五歩、△同歩、▲7四歩、△同銀とさせることで▲5六角が両取りになる大技を狙っています。(参考図2)

(参考図2)2筋、7筋で金銀を浮き駒にすることで▲5六角が両取りになる。

9筋の端攻めは△6六角の角交換で肝心の角がいなくなるんだが。

後手から角を取ってもらうことで手順に▲6六同歩と突けるのが大きいので大丈夫です。

図5から
△9五同歩、▲9三歩、△6六角、▲同歩、△9三香(図6)

(図6)端攻めの要となっている角を外されるが、手順に▲6六歩と突けることで△6五桂がなくなる。

△6五桂がなくなったところで今度は7筋を攻めましょう。

図6から
▲7五歩、△同歩、▲5六角、△8二飛(図7)

(図7)角成を受けるが7四に傷がある。△8二飛に換えて△6五歩は▲同歩で次に▲6四歩や▲9四歩で飛車の横利きを使って攻めることができる。

△8二飛に換えて△8三角は?

▲同角、△同飛、▲9二角、△8二飛、▲5六角成、 △8三角、▲6五歩、△同桂、▲6六銀(参考図3)
の進行が予想で、次に▲5五馬や▲7五銀で先手充分です。

(参考図3)次に▲6五銀、△同角、▲同馬、△同歩、▲5五角の狙いもあり先手充分。

図7から
▲2三歩成、△同金、▲7四歩(結果図1)

(結果図1)△3四金で飛車を取られても▲7三歩成が飛車に当たる。△同銀には3三の地点で清算してから▲7四角で銀を取ればよい。

2、7、9筋を絡めて攻めるのかぁ。

▲2四歩と角交換からの▲5六角がポイントです。

▲3四飛に△4四歩の変化

次は▲3四飛で横歩を取ったあとに△4四歩と受けてきた順をみていきましょう。

図3から②
△4四歩(図8)

(図8)△4四歩で軽く受ける手。▲同角は△4三金右が飛車角に当たる。

▲同角は「大駒は近づけて受けよ」の格言通りで△4三金右で飛車か角が取られてしまいます。
ここは▲同飛の一手です。

図8から
▲同飛、△4三金右(図9)

(図9)△4三金右で飛車が詰んでしまったが…

図9から
▲3三桂成、△同金寄、▲5五桂(図10)

(図10)飛車取りを放置して▲5五桂。後手は居玉のため、次の▲6三桂成が厳しい。後手は飛車を取っても金が角に当たってくるので収拾がつかない。

飛車取りを手抜いて▲5五桂かぁ。

△5二銀と逃げたら▲6四飛で飛車が生還できます。

図10から
△5四銀、▲同飛、△同歩、▲6三桂成(結果図2)

(結果図2)玉と飛車を攻めることができる位置に成駒を作り先手有利。△6五桂には▲8四角の王手が強烈。

▲4五桂に△4二銀も先手良しです。

▲4五桂に△4二銀のポイント

  • ▲6六角を設置し、▲2四歩~▲3四飛と飛車角桂で攻める(図3)
  • △4四角の受けには▲2四歩とする。7筋、9筋を絡め、▲5六角を狙う(図7)
  • △4四歩の受けには▲同飛とする。飛車を詰まされるが▲5五桂で先手よし(図10)

この記事はこちらの本を参考に書きました。

コンピュータ将棋の序盤戦術について角換わり・雁木・相掛かりを中心とした内容になっています。

かなり内容は難しいのですが、新しい発見があることは間違いありません。

コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,663から
(2019/7/15 00:52時点)

Pocket