【右玉に組ませない!】角換わり右玉対策、いきなり▲4五桂①

右玉に組まれる前に動く右玉対策

こんにちは、Yutaです。

この記事は、角換わり戦で右玉を目指す後手に対して、先手がいきなり▲4五桂と跳ねて攻め潰す方法について解説しています。

右玉が苦手だ!と感じているあなたに読んでもらえると嬉しいです。

この記事はこんなあなたにオススメ

右玉はどう攻めたらいいかわからん…

あるあるですね。でも大丈夫です。
組まれたらスキのない右玉ですが、組むまでにはけっこうスキがあります。

右玉が組み上がるまでの弱点

  • しばらく居玉であること
  • △5二金とすると▲7一角と打たれる隙が生じること
  • 5三の地点が薄いこと

この記事では下の基本図から▲4五桂と跳ねて攻めを繋げる手順を紹介します。

(基本図)後手はこの後△8一飛~6二玉と右玉にする狙い。先手はここで▲4五桂と跳ねる。

初手からの指し手

まずは初手から基本図までをみてみましょう。

初手からの指し手
▲7六歩、△8四歩、▲2六歩、△8五歩、▲7七角、△3四歩、▲6八銀(図1)

(図1)角換わりに進みそうな出だし。

図1から
△3二金、▲2五歩、△7七角成、▲同 銀、△2二銀、▲7八金、△3三銀(図2)

(図2)角交換で角換わり戦となる。

序盤の注意点ですが、△2二銀に対して▲2四歩と仕掛けるのは△同歩、▲同飛、△3五角で先手不利です。(参考図1)

(参考図1)△2二銀に対してすぐに▲2四歩から飛車先交換は無理。△3五角で飛車取りと5三の地点が受からない。

図2から
▲4八銀、△6二銀、▲3六歩、△6四歩、 ▲3七桂、 △5二金(図3)

(図3)先手は▲3七桂で攻撃態勢を作る。後手は右玉を目指す場合、△5二金として5三の地点を厚くしておく。

図3から
▲9六歩、△9四歩、▲6八玉、△6三銀、▲4六歩、△7四歩(図4)

(図4)ここまで居玉だと右玉濃厚。

図4から
▲5八金、△7三桂(基本図)、▲4五桂(テーマ図)

( テーマ図 )▲5八金を入れずに▲4五桂もあるが、△7三桂が入ってからの方が後に桂頭攻めなどがあるため先手が得。

いよいよ▲4五桂で勝負です。
ここまでの細かい手順は多少前後しても大丈夫です。

後手の銀の逃げ場所は2二、4二、4四の3つ。
変化が多いけど頑張ろう。

この記事では△2二銀を解説します。

▲4五桂に△4二銀の変化はこちら

▲4五桂に△4四銀の変化はこちら

▲4五桂に△2二銀の変化

テーマ図からの指し手①
△2二銀、▲7一角(図5)

(図5)△2二銀とかわすと5三の地点の利きが金のみになる。▲7一角で飛車取りと▲5三角成を狙う。

△2二銀には5三を狙って▲7一角と打ちましょう。

図5から
△7二飛、▲5三角成、△4四角、▲5二馬 (図6)

(図6)▲5三角成に△同金と取ってくれれば▲同桂成で簡単に先手よし。△4四角が好手。▲同馬は△同歩で桂馬が取られてしまうため▲5二馬で金を取る一手。

角金交換の駒損やん。

まぁまぁ、ここで後手の馬の取り方は△同銀、△7同玉、△同飛車の3つです。まずは△同銀からみていきましょう。

銀で取る変化

図6からの指し手①
△同銀、▲8三金、△7一飛、▲8二金、△6一飛、▲7二金、△6三飛、▲7五歩(結果図1)

(結果図1)△同銀には▲8三金で飛車を攻める。桂馬を守りながら逃げるが最終手▲7五歩から攻めが続く。仮に9筋の突き合いがなかった場合△9四角と打たれて大変。

▲8三金から飛車を攻めて、さらに桂頭攻めかぁ。
このあと△6五桂には?

構わず▲7四歩でOKです。7筋にと金を作れば先手優勢です。

次は▲5二馬に△同玉をみていきましょう。

玉で取る変化

図6からの指し手②
△5二同玉、▲6六銀(図7)

(図7)△5二同玉に▲8三金は△7一飛で攻めが続かない。5三を守っている角に働きかける▲6六銀で次の▲5五銀を狙う。

この▲6六銀の意味は?

次に▲5五銀で△同角なら▲5三金で王手銀取りを狙っています。(参考図)

(参考図)角の利きを5三からそらせば▲5三金で両取りが実現する。

5五を受ける△5四銀には▲5六歩と力を貯めてOKです。
手強いのは△6二角で先に角を避けられたとき、どうするか…。

図7から
△6二角、▲5五銀、△4四歩、▲5四金(途中図)
△4五歩、▲6三金、△同玉、 ▲5四銀打、△5二玉、▲6四銀(結果図2)

(途中図)ここで△同銀▲同銀は先手大優勢。
(結果図2)駒損だが玉と大駒を同時に攻めていけるのでいい勝負。△5一桂と受けられたら▲2四歩から飛車を活用していく。

駒損だけど陣形差が大きいな。

ちなみに…△6二角を△7一角は▲8三金で先手優勢。
△8二飛と飛車の位置を戻すのは▲5三金と打って△同角、▲同桂成、△同玉に▲7一角が王手飛車です。

最後に ▲5二馬に△同飛をみていきましょう。

飛車で取る変化

図6からの指し手③
△5二同飛、▲5三金(図8)

(図8)取った金をいきなり打ち込む▲5三金、2枚換えになってしまうが…。

やけくそかな?2枚換えになっちゃうけど…

図8から
△同角、▲同桂成、△同飛、▲8二角(結果図3)

(結果図3)飛車が2段目から動いたので▲8二角と打って駒損を回復する。

なるほど、これなら先手が良さそう。

△6五桂と跳ばれても▲9九角成でOKです。
後手は歩切れなので香車を使った攻めが受け難いです。

▲4五桂に△2二銀のポイント

  • △7一角で5三の地点を狙う
  • ▲5二馬をどの駒で取ってくるかで▲8三金、▲4四銀、▲5三金を使い分ける

この記事はこちらの本を参考に書きました。

コンピュータ将棋の序盤戦術について角換わり・雁木・相掛かりを中心とした内容になっています。

かなり内容は難しいのですが、新しい発見があることは間違いありません。

コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS)

新品価格
¥1,663から
(2019/7/15 00:52時点)

Pocket