【先手矢倉対策】ポンポン桂【いきなり△6五桂と跳んで矢倉を攻め潰す方法】

矢倉版のポンポン桂

こんにちは、Yutaです。

この記事は、先手の矢倉に対して、後手がいきなり△6五桂と跳んで攻め潰す作戦「矢倉ポンポン桂」について解説しています。

この記事はこんなあなたにオススメ

じっくり相矢倉の将棋は苦手だなぁ。
定跡が細かすぎる。
簡単に矢倉に攻め勝つ方法はないものか…。

そんなあなたにオススメなのが「ポンポン桂」!

なんじゃそら?

(参考図1)矢倉を目指す先手にいきなり△6五桂と仕掛ける。ポンポンと桂馬が跳ねていくので「ポンポン桂」。

なんだこれは?
将棋をなめるなよ。

参考図1は
2017年王位戦予選 ▲小林健二九段  vs. △藤井聡太四段(当時)
の実戦で後手の藤井四段が勝っています。

…さすが藤井先生。

この記事でわかること

  • 先手矢倉に対していきなり△6五桂と跳ねる攻めが成立する形
  • △6五桂以降の攻め方

ざっくりした結論から言いますと、
先手が▲5八金および▲5六歩を指していない場合はたいてい△6五桂と跳ねてOKです。
初手から見ていきましょう。

初手から基本図まで

初手から
▲7六歩、△8四歩、▲6八銀、△3四歩、▲7七銀、△6二銀、▲7八金、△8五歩(基本図)

(基本図)ここから先手の指し手によって△6五桂の成否が分かれる。△6二銀は必要な一手、後に△8六飛と走ったときに▲9五角が王手飛車にならないようにしている。

後手はこの後△7四歩~△7三桂~△6五桂を狙います。
その間の先手の指し手に分けて解説します。

ポンポン桂が上手くいく形

まずはポンポン桂が上手くいくパターンをみていきましょう。

基本図から▲4八銀~▲6九玉~▲2四歩

まずはプロの実戦にも表れた参考図1の局面を見てみましょう。

(テーマ図1)基本図から▲4八銀、△7四歩、▲6九玉、△7三桂、▲2六歩、△6五桂の進行。

銀の逃げ方は▲6六銀と▲6八銀の2通り。
まずは▲6八銀から。

桂馬を▲6八銀でかわす変化

テーマ図1から①
▲6八銀、△8八角成、▲同金、△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△7六飛(図1)

(図1)▲6八銀には角交換から飛車先を切り▲8七歩、△7六飛と横歩を取る。次に△3三角などが厳しい。

▲6八銀には角交換から横歩を取るまでがワンセットです。

ここで▲5五角には△2二角と合わせれば問題ないわけか。

次に8八の金取りに打つ△3三角が厳しいので▲6六角と受ける手を見てみましょう。

図1から
▲6六角、△8六歩(図2)

(図2)金取りのラインに先着する▲6六角。後手は△8六歩から攻めをつなぐ。この歩を放置すると△8七歩成、▲同金、△7八角が決まる。

ここで飛車の直通を避ける▲7七桂は△6六飛、▲同歩、△7六角で後手優勢です。(参考図2)

(参考図2)金取りと△8七歩成の両狙いが決まり後手優勢。

図2から
▲8六同歩、△8七歩、▲7八金(図3)

(図3)▲8六同歩には△8七歩と叩く。▲同金には△7八角が決まるため▲7八金とかわす。

△8六歩~△8七歩は覚えておこう。
でもかわされたらどうすればいいんだ?

図3から
△6六飛、▲同歩、△8八角(結果図1)

(結果図1)飛車角交換から△8八角と打ち込んで後手有利。

飛車切りから▲8八角と打ち込んで攻めが繋がります。
先手は右辺の壁形が悪く後手有利です。

桂馬を▲6六銀でかわす変化

テーマ図1から②
▲6六銀(図4)

(図4)△6五桂に対して桂取りになる▲6六銀が自然な応対。

次は△6五桂に▲6六銀を見てみましょう。

図4から
△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△7六飛(図5)

(図5)▲6六銀には△8六歩~△7六飛と横歩を取る。桂馬が取られそうだが…。

これは桂馬がタダやん。

▲6五銀で桂馬を取ると、
△7八飛成、▲同玉、△6八金、▲同玉、△8八角成(参考図3)で後手良しになります。

(参考図3)先手玉の近くに馬ができて後手有利。

△6八金みたいな送りの手筋は覚えておこう。

図5から①
▲2五歩、△8六歩(図6)

(図6)△8六歩はこの形での必修手筋。

図5から先手が▲2五歩と攻めの手を指してきた場合を見てみましょう。
これには先程も出てきた△8六歩で先手が痺れています。

図6から
▲同歩、△8七歩、▲同金、△6六角、▲同角、△7八銀(結果図2)

(結果図2)△8七歩が継続手。金を上ずらせて、角切りから△7八銀で玉と金の両取りが決まり後手優勢。

大駒を切り飛ばす攻めは気持ちいいな。
ここでも△8六歩~△8七歩が攻めの継続手か。

ちなみに、
途中の△6六角に▲同角と取らず、▲7七歩としてきた場合は△5三桂不成から攻めが繋がります。(参考図4)

(参考図4)飛車の利きを止める▲7七歩には△5三桂不成が決まる。以下、▲同銀、△同角成、▲7六歩、△6七馬で後手有利。

実は図5から先手の最善は▲5八金です。
次に▲6八金右と寄ることで結果図2のような攻めを防ぐことができます。

図5から②
▲5八金、△8六歩、▲6八金右、△6四歩(結果図3)

(結果図3)▲6八金右まで指されると後手の攻めは決まらない。△6四歩で桂馬を支えて一段落する。後手の飛車が狭いようだが先手に歩が入らなければ取られることはない。

おいおい、飛車が危ないんじゃないのかコレ。
先手から▲8六歩と取ってくれないと帰れないよ。

この結果図3、先手も指し手が難しいところです。
例えば▲5六歩と突くと…

後手の攻めが決まる変化

結果図3から▲5六歩の変化
△7八飛成、▲同金、△7六金(途中図)、▲8六歩、△8七歩、▲7九角、△6六金、▲同歩、△同角(参考図5)

(途中図)飛車切りから△7六金と打って8七の地点を狙う。
(参考図5)△9九角成、△3九銀、△2七銀などの狙いがあり後手優勢。

おお、飛車切りから流れるような攻めが決まった!

この順は4八の銀が動いて5三に利きがなくなったときも有効です。(参考図6)

(参考図6)結果図3から先手が右銀を繰り出そうと▲3七銀としたところで△7八飛成からの攻めを行った局面。香取りと5三桂成の両狙いになっている。

テーマ図1は後手良しの変化が多いことが確認できました。

ポンポン桂が決まりにくい形【▲5八金右】

次はいきなり桂馬を跳ねても上手くいかないパターンです。

基本図から▲4八銀~▲5八金~▲6九玉

次は▲4八銀~▲5八金~▲6九玉と先手が守りの手を多く指してきた場合を見てみましょう。(テーマ図2)

(テーマ図2)基本図から▲4八銀、△7四歩、▲6九玉、△7三桂、▲5八金、△6五桂の進行。

これもまず▲6八銀から見てみましょう。

桂馬を▲6八銀でかわす

テーマ図2から①
▲6八銀、△8八角成、▲同金、△8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△7六飛(図7)

(図7)お馴染みの角交換から横歩取り、次の狙いは△3三角または△8六歩。

ここでは先程出てこなかった桂取りの▲6六歩が成立します。

図7から
▲6六歩、△8六歩、▲6七銀(結果図4)

(結果図4)攻めを繋げるには△7九角と打つしかないが、▲7八金、△同飛成、▲同玉となって攻め切るのは大変。

結果図4でもし▲5八金を指していなかったら△7九角と打って後手良しです。(参考図7)
▲5八金が入っていると攻め切るのは難しいと覚えておいて下さい。

(参考図7)以下、▲7六銀、△8八角成、となった局面は先手玉の近くに守りの駒がいなく後手優勢。▲7八金とかわすと△同飛成から詰んでしまう。

桂馬を▲6六銀でかわす

テーマ図2から②
▲6六銀、△6四歩(図8)

(図8)▲6六銀に△8六歩といきなり仕掛けるのは△7六飛で横歩を取ったときに▲6五銀と桂馬を取ることができるため無理。▲5八金が入ったことで参考図3の攻めが成立しない。△6四歩、で桂馬支えてから△8六歩を狙う。

▲5八金が入ると一気の攻めは無理か。

図8から
▲2六歩、 △8六歩、▲同歩、△同飛、▲8七歩、△7六飛、▲6八金右、△8六歩(結果図5)

(結果図5)結果図3と合流する。先手は指し手が難しい。▲5六歩は△7八飛成~△7六金から攻めが決まる。

△6五桂に▲6六銀はしっかり桂馬を支えてから△8六歩と突きましょう。

矢倉ポンポン桂まとめ

  • △6五桂に▲6八銀は角交換から△8六歩~△7六飛と横歩を取って攻める。
  • △6五桂に▲6六銀は △8六歩~△7六飛と横歩を取って攻める
  • △8六歩と合わせて▲同歩なら△8七歩と叩いて攻めを繋げる。
  • ▲5八金が入っていると一気に攻めるのは難しい。
  • △8六歩の合わせを取らない場合、△7八飛成~△7六金と打って8七の地点を攻める筋がある。

互角の変化もあったけど、先手陣を乱すことができるし、慣れれば後手がやれそうだな。

これはいけるかも、と思ったら積極的に△6五桂と跳ねてみましょう!

Pocket