【横歩取り急戦】▲3三飛成~▲7七角打の対策【角を並べて攻め潰す】

先手の横歩取り急戦策

こんにちは、Yutaです。

この記事は、横歩取りにおける先手の急戦策についての対策記事です。

どんな急戦策かは、↓のテーマ図をご覧ください。

(テーマ図)先手が飛車角交換から▲7七角と打った局面。

あ、見たことある!という方も多いのではないでしょうか。

これで勝てたら横歩取りは成立しないだろ!と思うのですが、けっこう難敵です。

この記事を読んで返り討ちにしてもらえるとうれしいです。

この記事はこんなあなたにオススメ

覚えたての横歩取り、後手でも指しこなしてみせるぜ!
横歩を取られたら…△3三角!

(横歩取り△3三角戦法基本図)
後手が急戦策を選ばなかった場合、横歩取りはここから始まるといってもよい。

(…マイナー戦法で驚かせてやろう。)▲同飛成!

??!なんだこりゃ!
△同桂!

くらえ!
▲7七角打!(テーマ図)

(再掲テーマ図)飛車取りと3三への殺到をみた▲7七角打。後手が受け間違えるとあっという間に負けになる。

こんなの知らないぞ!うあぁぁぁぁ…。

わっはっは!

・・・

この記事でわかること

  • テーマ図からの正しい受け方、攻め方
  • 横歩取りで使える歩の手筋

二枚角の受け方

ひどい目にあった。テーマ図から解説たのむ。

(再掲テーマ図) 飛車取りと△3三角成を受けるには▲8八飛成しかない。

この両狙いを防ぐには▲8八飛成しかありません。
後手の取り方は三通りですが、飛車が持ち駒になるので駒が上ずらない△同角が自然です。

テーマ図からの指し手
▲8八飛成、△同角(図1)

(図1)お互いに飛車を持ち合う。ここで先手の手番なら▲2一飛で先手が良くなる。 ▲2一飛を受けながら攻める手は?

先手の狙いは▲2一飛の一点!
これを防ぎつつ攻める手を指したいです。

図1から
△2七飛、▲2八飛(図2)

(図2)▲2一飛を受けながら敵陣に桂取りで打ち込む△2七飛が最善。龍を作られたくない先手は▲2八飛と合わせる。

ちなみに、
△2七飛を▲2八歩で受けて△2五飛成、▲8三飛と先手も龍を作ろうとしてきた場合は△9二角が好手で後手有利です。(参考図)

(参考図)▲8七飛成で龍を作られても△8六歩~△8五歩の連打で先手の龍を抑えた後に△4七角成と馬を作れる。

図2では
①△2六歩
②△2二同飛成
に分かれます。
まずは ①△2六歩から。

と金を作る△2六歩

図2から①
△2六歩(図3)

(図3)先手から飛車交換させてと金を作る狙い。

図3から
▲2七飛、△同歩成、▲2一飛(図4)

(図4)狙いの▲2一飛が実現。次の▲3三角成が厳しそうだが…。

▲2一飛打たれてますやん。

図4から
△4五桂(図5)

(図5)取られそうな桂馬を攻めに活用する。次に△5七桂不成~△6九飛が厳しい。

なるほど、取られそうな駒が攻めに働くとは一石二鳥の好手。

ここで▲2二角成と攻め合いに出られた場合はいったん△6二玉が好手です。
ここでは △4五桂 に▲6八玉と受けた場合を見てみます。

図5から
▲6八玉、△8六角、▲7七角、△同角成、▲同桂、△2二歩(結果図1)

(結果図1)後手有利。△8六角の王手から左辺を壁にし、と金を活かして右辺を攻める。△7七同角成に▲同玉なら△6九飛と打って後手がよい。△2二歩の前に△3五角を打っておくのも有力。

△4五桂は絶対だな。△8六角や△3五角も覚えておこう。

続いて図2から②△2八同飛成の変化です。

△2八同飛成

図2から②
△2八同飛成、▲同銀、△5二玉(結果図2)

(結果図2)ここで▲2一飛と打つのは△2二飛と合わせて無効。先手の銀を2八に動かした効果が出ている。ここからは狙いの難しい手将棋になる。

こうゆう指し手が難しい展開は苦手だな。
何か攻め手はないのか?

たとえば…
①△2七歩と叩いて▲同銀なら△2八飛、▲3九銀なら△2八角と打つ
②△8六歩と垂らして△8七角を打つ
③7九の銀が動いたら△8六歩~△8七歩成を▲同金と取らせて▲7八角を打つ
などがあります。

横歩取りは玉型が薄いから角と金駒の交換になっても突破さえできればOKということだな。

二枚角急戦まとめ

  • 図1から▲2一飛と無条件で打たれないよう△2七飛と2筋に先着する
  • ▲2八飛の合わせには△2六歩か△同飛成で対応。
  • ▲2一飛と打たれたときは△4五桂。
  • 2、8筋の歩がなくなっているので叩きの歩や垂れ歩で手を作る

 

マイナー戦法には気を付けよう!

Pocket